「Googleリーダー」からの引っ越し先を「Feedly」で妥協すべき5の理由

今月いっぱいで、ついにGoogleのRSSリーダー「Googleリーダー」のサービスが終了してしまう。「Googleリーダー終了」は、少し前に大きな話題となったニュースだし、PCでのログイン時に「もうすぐ終わるよ」という旨の表示が行われるから、「Googleリーダー」ユーザーの多くが、既に知っているはずだ。
しかし、知ってはいるが、「Googleリーダー」を超えるような良い引っ越し先がなかなか見つからず、結局ズルズルとまだ「Googleリーダー」を使い続けている……という人も多いはず。
「あんスマ」の結論としては、「Googleリーダー」を超える引っ越し先は、現時点では存在しない。6月末まで待っても、おそらく登場しないだろう。そこで、「Feedly」というサービスで「妥協」すべきだ。もう残り時間が少ないので、まだ引っ越しを行っていない人は、この記事通りに速やかに「Feedly」への移行作業を行っておこう。
「Feedly」で「妥協」すべき理由と、移行方法を紹介する。

「Feedly」で妥協すべき5の理由



理由1:移行が簡単
後述するように、移行作業は極めて簡単だ。ほぼ手間なしで、現在「Googleリーダー」に登録されているフィードのリストなどを「Feedly」に移すことができる。

理由2:スマホアプリが悪くはない
後述するように、「Feedly」のスマホアプリは、「AndroidのRSSリーダーアプリの中でも特にオススメ!」とまでは言えない。しかし、悪くはない。

理由3:「Feedly」対応アプリが増えつつある
例えば、「あんスマ」でも何度もオススメしてきた、Android定番のRSSリーダーアプリ「gReader」が、最新バージョンアップで「Feedly」に対応した。



理由4:PC用の見た目などを「Googleリーダー」チックに改造可能
後述するように、PCブラウザのアドオン(ユーザースクリプト)を利用すれば、PCで「Feedly」を利用する際の見た目などを「Googleリーダー」チックに改造することができる。

理由5:「Feedly」から、今後更に別のリーダーに乗り換え可能予定
現在、「Feedly」に登録したデータを、更に別のリーダーに引っ越しさせることはできない。ただ、これを行うために必要なエクスポート機能が、近日追加される予定らしい。夏や秋に、「Feedly」よりも使いやすいサービスが登場したら、その時には再度引っ越しを行うことができる、はずだ。

「Googleリーダー」から「Feedly」への引っ越しは超簡単

「Feedly」への引っ越しは、単に「Googleリーダー」からデータをインポートする、というボタンをクリックして認証を行わせるだけ。超簡単だ。
ただ、一つだけ覚えておくべき事がある。現在、「Feedly」のPC版には、ブラウザアドオンのインストールが必要な通常版と、不要なクラウド版、2種類があるのだ。アドオンインストールは多少なりとも面倒なので、とりあえず、クラウド版を試してみることをオススメする。


Feedly クラウド版



クラウド版にアクセスして「Import Your Google Reader」をクリック。

Googleの認証画面が表示されるので「承諾する」。

これだけで引っ越し作業は完了だ。

特集目次

関連記事

2013年06月20日17時36分 公開 | カテゴリー: ネット情報活用 | キーワード:, , , | Short URL
このエントリーをはてなブックマークに追加

最新記事