【見えるバックアップ】インストールしてあるお気に入りアプリはリンク付きリストでバックアップ

backup-app0端末が故障したり無くしてしまった際や、機種変更などをした際、わざわざPlayストアからお気に入りのアプリを探し出すのは面倒だ。特に端末を無くしたときは、セキュリティ上Googleアカウントを変更するのが定石。その際、Playストアの「マイアプリ」は役に立たない。お気に入りのアプリはすぐに復元できるようにしておきたい。

インストールしているアプリのリストを作成できる「ShareMyApps」を使おう。Playストアへのリンクが貼られるので、そこからPlayストアへジャンプしてインストールできる。EvernoteやGmailにアップしておけば、パソコンからアクセスできるので、素早いインストール作業ができるのもメリットだ。


アプリのリストを「ShareMyApps」で作成してバックアップ

「ShareMyApps」は、インストールしているアプリのリストを作成し、メールやメモアプリなどに共有できるアプリ。アプリの説明などを付加できるので、アプリ名だけではどんなアプリか分からない場合などにも対応できる。スマホとタブレットなど複数の端末を利用する際に役立つほか、どんなアプリをインストールしているかの確認や、アプリ使用履歴メモとしても使えるぞ。

ShareMyApps - Google Play の Android アプリ
ShareMyApps Donate - Google Play の Android アプリ

backup-app11ShareMyAppsを起動。インストールしているアプリを読み込み一覧表示してくれる。まずはメニューをを押して「設定」をタップしよう。

backup-app12設定画面で「リンクを付加する」と「HTMLメール」にチェックを入れる。アプリ使用履歴のメモとして使う場合は、「バージョンを付加する」にチェックを入れても良いだろう。

backup-app13メイン画面に戻る。アプリ名の右にあるアイコンをタップすると、メモを付加できる。アプリ名だけだとどんなアプリか忘れがちな場合に、説明を付けておくと良い。

backup-app14ツールバーの共有アイコンから共有先を選択する。今回はEvernoteを選択した。リストに加えたくなく無いアプリは、チェックを外しておけばOKだ。

backup-app15backup-app16

インストールしているアプリがリスト表示される。メモもきちんと表示されるぞ。HTML表示ができないアプリは、リンクがURL形式で表示される。

backup-app17backup-app18

Evernoteに保存したリストを開いてみた。きちんとリンク化されている。リンクをタップすると、Playストア内のそのアプリのページへ直接ジャンプできる。

backup-app19

パソコンからアクセスできるオンラインサービスにメモしておけば、インストール作業はパソコンのPlayストアから行える。

参考

今回は使用アプリ一覧のプレイストアへのリンクを作成する手段を使ったが、apkファイルそのものをバックアップする手段もある。愛用アプリがPlayストアから消えていたときなどに役立ってくれる。併せて使うと良いだろう。

目次

関連記事

2013年03月03日16時00分 公開 | カテゴリー: 便利化・快適化 | キーワード:, , | Short URL
このエントリーをはてなブックマークに追加

最新記事