【翔べ!白ロム】ジャマなプリインストールアプリを削除して本体の容量を増やす

oldspeedup-uninstall0買いたてのスマホには、キャリア独自のプリインストールアプリが入っている。そのほとんどが普段は使わないようなアプリだ。使わないのならスマホ本体の容量を圧迫するジャマな存在となるので、思い切って削除してしまおう。

しかし、どのプリインストールアプリが削除できるのか、ひとつひとつ探すのは時間がかかるものだ。アンインストール支援アプリ「Ks Uninstaller」を使おう。プリインストールアプリを含む、アンインストールできるアプリをすべてリストアップして、簡単にアンインストールできる。ムダなアプリを消して、少しでも本体の容量を確保するのだ。


「Ks Uninstaller」でムダなアプリを削除

Ks UninstallerにはPlayストアへ直接ジャンプできる機能がある。「このプリインストールアプリはどういうものかわからない」といったときに、Playストアで調べられるのだ。またアンインストールアプリが本体の容量を使っては本末転倒。Ks Uninstallerは、アプリ自体のサイズは206KBしかなく、またmicroSDカードに移動が可能だ。「プリインストールアプリを削除したらさよなら」ではなく、ずっと入れておきたいアプリだ。

Ks Uninstaller - Google Play の Android アプリ

oldspeedup-uninstall01Ks Uninstallerを起動すると、アンインストールできるアプリがリストアップされる。この時点ではプリインストールアプリは含まれていないので、下段真ん中にあるアイコンをタップして「プリインストールアプリを表示する」を選択してプリインストールアプリを表示させよう。

oldspeedup-uninstall02プリインストールアプリが表示されたら、下段左のアイコンから「更新日 古い順」に並び替えを行おう。プリインストールアプリは更新日が端末の発売日など昔になっていることが多い。更新日が古い順に並び替えることで、簡単にプリインストールアプリを見つけられる。

oldspeedup-uninstall03oldspeedup-uninstall04

どんなアプリか分からないものは、右側にある「▼」をタップ。「マーケット」を選択しよう。そのアプリのPlayストアのページが表示される。説明を読めばどんなアプリかひと目で分かるのだ。

oldspeedup-uninstall05アンインストールしたいアプリをタップして選択していこう。間違えて選択した場合は、もう一度タップすると選択解除できる。

oldspeedup-uninstall06アンインストールしたいアプリをすべて選択したら、画面右下のごみ箱アイコンをタップ。ダイアログが表示されるので「OK」をタップしよう。

oldspeedup-uninstall07アプリのアンインストール画面が表示される。「OK」を押してアンインストールしよう。次々と連続で表示されるので、すべて「OK」を押せばアンインストール完了だ。

どれくらいの容量が削減された?

oldspeedup-uninstall11こちらがプリインストールアプリを削除する前の、本体のストレージ容量。161MBを使用している。

oldspeedup-uninstall12プリインストールアプリを削除したあとの本体のストレージ容量がこちら。158MBを使用している。3MBの容量削減になった。「たったの3MB?」と思うかもしれないが、ドロワーやアプリ管理画面でジャマなアプリが表示されなくなったので、目的のアプリを見つけやすくなったぞ。

目次

関連記事

2013年01月25日13時00分 公開 | カテゴリー: チューンアップ | キーワード:, , | Short URL
このエントリーをはてなブックマークに追加

最新記事