他のアプリのウィジェットも追加して「jbOS7」のiOS7風ホーム画面が完成!

「jbOS7」は、Androidのホーム画面を、9月リリースと言われている「iOS7」風に仕上げるカスタマイズ用パッケージだ。ホーム画面アプリの設定やアプリアイコンの登録、「UCCW」のウィジェット追加を行ったら、最後に、天気予報やカレンダー、ToDoなど、「UCCW」以外のアプリのウィジェットを追加しよう。超本格的なiOS7風ホーム画面が完成するぞ。

「jbOS7」の導入は前ページまでを参照

このページでは、「jbOS7」を導入し、「UCCW」のウィジェット追加が終わったところからを解説する。まだ「jbOS7」を導入していない人は、2ページ前の作業から行って欲しい。

天気予報アプリ「Eye In Sky」

このページでは、前ページまでで作ったホーム画面に、各種アプリのウィジェットを追加していく。まずは、天気予報アプリの「Eye In Sky Weather」だ。Android4.0↑の標準インターフェイス「Holo」にマッチする天気予報アプリとして、以前あんスマでも紹介した、カッコ良い天気予報アプリだぞ。
……「Holoにマッチするアプリ」として紹介したアプリを、「iOS7風ホーム画面用のアプリ」として再び紹介するのは不思議な話だが、結局、「AndroidもiOSも同じ方向に向かって進化している」ということ、かもしれない。

「Eye In Sky」のウィジェットを「jbOS7」ホームに追加

Eye In Sky Weather - Google Play の Android アプリ

3ページ目の何もない部分をロングタップし、「ウィジェット」で「Eye In Sky」を選択。



「Eye in Sky Forecast」を下部に追加しよう。「Tab」を選択。

ウィジェットの位置が決まったら、ウィジェット右下の三個の点をタップ。設定が開くので「Show Edit Dots」「Show Refresh」のチェックを外して「OK」。

カレンダーウィジェット「Simple Calendar」

Simple Calendar Widget - Google Play の Android アプリ

2ページ目の真ん中には、カレンダーのウィジェットアプリ「Simple Calendar Widget」を追加する。「Simple Calender(中)」を選択。



設定を変更する。「外観」を開き、まずは「スキンの微調整」。「線の色」を「#FF159ACD」に変更。



「フォント設定」で各文字の文字色を「#FF868686」に変更。また、フォントサイズも変更していく。「予定の文字」以下の各項目を「26px」、「予定の日付」だけ「30px」にするのがオススメ。「Simple Calendar Widget」の設定は、一度確定した後も、ウィジェット右端をタップすれば開くので、一度で完璧に仕上げようとせず、少しずつ調整するのがオススメだ。

これでカレンダーの予定が表示されるようになる。タップすればカレンダーアプリが開くぞ。

ToDoは「Any.DO」

Any.DO To Doリスト | タスクリスト - Google Play の Android アプリ

最後に、2ページ目下部に、ToDoアプリ「Any.DO」のウィジェットを置く。特に設定変更などは必要ない。

「jbOS7」のホーム画面が完成!

以上の作業で、ついに「jbOS7」のホーム画面が完成する。3画面それぞれがiOS7ぽく、スワイプで美しく切り替わる、友達に見せびらかせるホーム画面だぞ。



1ページ目がアプリで、これをスワイプすると……。



2ページ目はカレンダーとToDo、3ページ目は天気予報だ。

特集目次

関連記事

2013年07月24日13時52分 公開 | カテゴリー: カスタマイズ | キーワード:, , | Short URL
このエントリーをはてなブックマークに追加

最新記事