iOS風Androidホーム画面「jbOS7」に「UCCW」のウィジェットを追加

「jbOS7」は、Androidのホーム画面を、9月リリースと言われている「iOS7」風に仕上げるカスタマイズ用パッケージだ。iOSは、Androidと異なり真ん中に時刻が表示されるステータスバーも特徴だが、このステータスバーなどをも、Androidで再現することができる。超本格的なカスタマイズパッケージなのだ。
ホーム画面1ページ目などのカスタマイズが終わったら、次は、カスタマイズ性の高いウィジェットアプリ「Ultimate custom widget (UCCW)」を利用し、各種ウィジェットをホーム画面上に配置していこう。上述のiOS風ステータスバーも、「ウィジェット」という形で再現できるぞ。

「jbOS7」の導入は前ページを参照

このページでは、「jbOS7」を導入し、ホーム画面1ページ目などのカスタマイズが終わったところからを解説する。まだ「jbOS7」を導入していない人は、前ページの作業から行って欲しい。

ウィジェットアプリ「UCCW」を導入する

「jbOS7」では、ステータスバーや、2ページ目以降の各種機能を実現するため、「Ultimate custom widget (UCCW)」を利用する。まずはそのインストールを行おう。


Ultimate custom widget (UCCW) - Google Play の Android アプリ

このページの作業を行う前に、「Nova Launcher」の設定で「デスクトップ」の「ウィジェットのリサイズを許可」にチェックを入れておこう。



「UCCW」のインストール後、アプリアイコンが並ぶ壁紙の1ページ目で何もない場所をロングタップし「ウィジェット」。「UCCW」のウィジェットを選択する。サイズは、「4x1」だと後の調整が不要になるのでラクだが、他のサイズを選んでも後で調整できるから、基本的にどれでも良い。



右上「UZIP」をタップ。前ページ通りスマホ内に保存しておいた、「jbOS7」パッケージの「uccw」フォルダ内「Ios7 notification bar.uzip」を選択。

ホーム画面上に「UCCW」のウィジェットが配置される。「Touch here」と表示されている部分をタップ。

iOS7のステータスバーと同じ見た目のウィジェットが表示される。ウィジェットをロングタップし「リサイズ」でサイズを変更できる。位置やサイズを調整し、最上部に配置しよう。

これで、1ページ目が完成だ。

同様に、3ページ目にもステータスバーを配置する。2ページ目には置かなくて良い。

続いて2ページ目のウィジェットだ。先ほど同様にウィジェット追加から「UZIP」をタップし、今度は「Ios7 calendar month.uzip」を選択。2ページ目上部の青背景の部分に合うように配置する。

さらに3ページ目にもUCCWのウィジェットを置く。先ほど同様、「UZIP」をタップして「Ios7 weather.uzip」を選択し、このウィジェットを配置すれば良い。
ここまでの作業が終わったら、後は次ページ通り、「UCCW」以外のアプリのウィジェットを配置していけば完成だ。

特集目次

関連記事

2013年07月23日21時00分 公開 | カテゴリー: カスタマイズ | キーワード:, , | Short URL
このエントリーをはてなブックマークに追加

最新記事