iOS7の新機能「コントロールセンター」を再現する「Easy Controller」

アイコンテーマや「jbOS7」などを使って作り上げたiOS7風のホーム画面に合わせ、最後に導入したいアプリが「Easy Controller」。iOS7に搭載される「コントロールセンター」をAndroidで再現するアプリだ。「コントロールセンター」とは、画面最下部からのスワイプで呼び出せる、設定変更やアプリ起動などを行うためのパネル。……この手のアプリはAndroidなら数多いので、「今更?」という感もなくはないが、iOS7にマッチしたデザインは特徴だし、今導入すれば目立てること間違いなしだぞ。

「Easy Controller」を導入して初期設定を行う

「Easy Controller」は、iOS7の「コントロールパネル」を再現した、使いやすいアプリなのだが、一つだけ癖がある。パネル内に音楽コントローラがあり、このコントローラで音楽再生や停止、曲送りなどの各種操作を行えるのだが、この音楽コントローラが、スマートフォン標準の音楽プレイヤーや他の音楽プレイヤーアプリと連動していない。「コントローラ」というより、「独立の音楽プレイヤーアプリ」なのだ。しかも、「あらかじめ設定して置いたフォルダ内の音楽を再生することしかできない」という、低性能なプレイヤーアプリだ。
普段の音楽再生は、これまで通り他の音楽プレイヤーアプリで行う。あらかじめ「Easy Controller」の設定内で「今一番よく聞いているアルバム」を登録しておき、朝家を飛び出る場合など、時間がない時は「Easy Controller」で音楽再生を行う。……というのがオススメだ。


Easy Controller-Control Center - Google Play の Android アプリ



設定内では、「Easy Controller」を呼び出すための領域「Hot Spots」なども設定できる。デフォルトでは画面下部の真ん中から上にスワイプすると「Easy Controller」が呼び出される。特に変更する必要はない。

「Muisc Folder」で音楽フォルダを指定する。「音楽\ミュージシャン\アルバム」などの階層構造で音楽ファイルを保存している場合、1アルバムしか指定できないわけだ。本文通り、「今一番よく聞いているアルバム(のフォルダ)」を指定すると良いだろう。

画面最下部からのスワイプで「Easy Controller」を呼び出す



以後、画面最下部を上方向にスワイプさせると、「Easy Controller」のパネルが呼び出されるぞ。パネル内最上部の10個のアイコンは各種システム設定。機内モードやWi-Fi、BluetoothやGPSなど、各種設定のオン/オフを切り替えられる。

アプリ起動中も同様だ。iOS7の「コントロールパネル」同様、半透明で美しい。

最下部のボタンは、機能やアプリ呼び出し。一番左は懐中電灯機能、一番右はカメラアプリ呼び出し、といった具合だ。

最下部の真ん中二つは、地図アプリと電卓アプリ。初回時に、どのアプリを起動するか選択する。



横画面にも対応している。

特集目次

関連記事

2013年07月24日18時00分 公開 | カテゴリー: カスタマイズ | キーワード:, , | Short URL
このエントリーをはてなブックマークに追加

最新記事