【特集まとめ】iPhoneユーザーより先にAndroidホーム画面を「iOS7風」に徹底カスタム

9月に正式リリースされる、と言われているiOS7は、Google率いるAndroid勢や、Windows8など最近のMicrosoft製品を追随する、フラットなデザインだ。Android勢やMicrosoft製品と似ているようで、しかしやっぱりデザインに定評のあるApple製品なだけに美しい、iOS7の新しいフラットデザインは、世界中で話題になっている。
普通のiPhoneユーザーは9月の正式リリースまでiOS7を使えないが、自由なAndroidであれば、iOS7の正式リリース前に、一足先に「iOS7風」のカスタマイズを行うことができる。「iOS7のデザインが好き」という人や、新しもの好き・目立ちたがりな人向けに、AndroidをiOS7風にするカスタマイズテクを紹介するぞ。
この特集で紹介するカスタマイズを全て行えば、超本格的なiOS7風ホーム画面ができあがる。飲み会の前の日に頑張ってホーム画面を作り、翌日の飲み会で見せびらかしたり、iOS7正式リリースまで使い続け、周りの人を驚かせたりしちゃおう。

アイコンカスタマイズ

ホーム画面カスタマイズとして一番手軽なのは、今使っているホーム画面アプリに「アイコンテーマ」を適用することだ。Androidの主要なホーム画面アプリには、ホーム画面やドロワーのアイコンを全部まとめて一気に変更する、「アイコンテーマ」という機能が搭載されている。「iOS7風」のアイコンテーマをインストールして適用すれば、それだけでホーム画面が「iOS7風」になるぞ。

超本格カスタマイズパッケージ「jbOS7」

iOS7風のホーム画面を、Androidで本気モードで作るなら、「jbOS7」というパッケージだ。ホーム画面壁紙やウィジェットなどが全てまとまっているパッケージで、これを全て利用すれば、超目立てる本格的なiOS7風ホーム画面を作り上げることができる。様々なアプリを利用することになるので少し難しいが、カスタマイズの手順を画面付きで解説するから、記事通りに作業すればOKだ。

「コントロールセンター」を再現

「コントロールセンター」とは、画面最下部からのスワイプで呼び出せる、設定変更やアプリ起動などを行うためのパネル。iOS7に搭載される新機能だ。「Easy Controller」は、「コントロールセンター」をAndroidで再現するアプリ。今導入すれば目立てること間違いなしだぞ。

関連記事

2013年07月25日12時00分 公開 | カテゴリー: カスタマイズ | キーワード:, , , , | Short URL
このエントリーをはてなブックマークに追加

最新記事