絵画調に変換された写真を撮れる「Paper Camera」

papercamera
Paper Camera」は、端末のカメラの映像をスケッチなどの絵画調に変換して保存できるカメラアプリだ。
画像に絵画調のエフェクトをかけられるソフトは色々あるが、Paper Cameraはカメラに映っている映像がリアルタイムで変換されプレビュー表示されるのが便利だ。エフェクトの種類も豊富で、設定の調節も手軽に行なえるなど、機能も充実している。
普通の写真をそのままホームアプリの壁紙にしようとすると、アイコンなどの画像と馴染まずに違和感が生じてしまうことが多いが、Paper Cameraを使えば、壁紙に適した画像を手軽に作成できるだろう。
通常価格199円の有料アプリだが、値引きセールやAmazonアプリストアでの日替わり無料化などもたびたび行われているぞ。

Paper Camera - アニメ - 漫画 映画 - Google Play の Android アプリ


papercamera_101Paper Cameraを起動すると、紙のようなデザインの画面に、加工されたカメラの映像がプレビュー表示される。

papercamera_102右上の矢印をタップすることで、エフェクトの種類を切り替えられる。エフェクトは12種類用意されているぞ。

papercamera_103右の「CONTRAST」「BRIGHTNESS」「LINES」のスライダーで、コントラストと明るさ、線の太さを調節できる。

papercamera_104端末のメニューボタンを押すと、プレビューの下のエフェクト名の欄がツールバーに切り替わり、拡大縮小やライトのON/OFFが行える。

papercamera_105

右下のカメラアイコンを押すと撮影が実行される。

papercamera_106撮影を実行するとプレビュー欄右上に表示される緑のアイコンをタップすると、送信先アプリの選択画面が表示され、加工された画像を他のアプリに渡せる。

papercamera_108カメラのアイコンの左のアイコンをタップすると、画像選択アプリが起動し、選択した画像にエフェクトを適用できる。


papercamera_109画像ファイルを選択すると、このような画面に切り替わる。プレビュー欄の左右の矢印をタップすることで別の画像を読み込める以外の操作は、カメラの場合と同じだ。

関連記事

2012年02月08日18時41分 公開 | カテゴリー: マルチメディア | キーワード:, , | Short URL
このエントリーをはてなブックマークに追加

最新記事