「ジョルテ」の強力なライバルになる?「Google カレンダー」純正アプリがPlayストアに登場

Googleが、Android4.0.3以降で動作する「Google カレンダー」純正アプリをPlayストアにリリースした。Nexus 7など一部機種では既に利用できていたアプリだが、Android4.0.3以降であればどんな機種でも利用できるようになったのだ。
当然ながら、ウェブサービス「Googleカレンダー」との同期性能が高い点が特徴。これまで、Googleカレンダーをスマートフォン上で利用したいAndroidユーザーが使うべきアプリと言えば「ジョルテ」だったが、強力なライバルになり得るアプリが登場した、と言えるだろう。まだリリースされたばかりで、機能はあまり多くないが、他のカレンダーアプリと比べた場合の優位性は、デザインがGoogle標準な感じなので、他のアプリと統一性がとれる、という点と、時刻入力などのインターフェイスが使いやすい、という点、「通知」の設定を行いやすい点だと思われる。このページのスクリーンショット等を見て「アリかも」と思った人であれば、一度試してみる価値はあるぞ。
また、Googleカレンダーが特に便利なポイントは、自分の予定をPCブラウザ/スマートフォンで共有できる……つまり、例えば、PCでの作業中に決まった予定をブラウザから入力しておけば、その予定が自動でスマートフォン内のアプリやウィジェットにも表示されるし、その逆も同様……という点と、ウェブ上で公開されている、他人が作成したiCal形式の予定……例えば「日本の休日」や、特定スポーツチームの試合日程、アイドル関連イベントなども見つかるぞ……を取り込める、という点だ。現在Googleカレンダーとの連携が可能な他カレンダーアプリを使っていない人も、この機会に一度試してみては。


Google カレンダー - Google Play の Android アプリ

まず、設定ボタン「表示するカレンダー」で表示対象のカレンダーを設定するのだが、ここに表示されているのは、スマートフォンに同期されているカレンダーだけだ。表示したいカレンダーが同期されていない場合は、「同期するカレンダー」で当該カレンダーを同期対象にして、その上で「表示するカレンダー」で選択する必要がある

「日」「週」「月」「予定リスト」と4種類の表示形式を選択できる。ここらへんは、まぁ「標準的なカレンダーアプリ」という感じだ



ただ、月形式だと予定の詳細が一切表示されないので使いにくい。「予定リスト」形式は、他のカレンダーアプリだと搭載されていない場合があるが、「Google カレンダー」には搭載されている。予定作成や検索などはメニューボタンから



Androidは、特に4.0未満で数字入力のインターフェイスが定まっていなかったが、左の「Google カレンダー」ではドラムロール的なインターフェイスを利用できる。右の「ジョルテ」はテンキー形式、というように、アプリによって違いがあるのだ。細かい点ではあるが、日常的に使うカレンダーアプリでは、時刻設定でストレスを感じない方が良い。ここらへんの使い勝手が自分に合っているアプリを選ぶべきだろう

予定を開いた画面で、「通知」を簡単に追加できる点も特徴だろう

ウィジェットも用意されている

参考

関連記事

2012年10月18日13時40分 公開 | カテゴリー: ライフハック | キーワード:, , | Short URL
このエントリーをはてなブックマークに追加

最新記事

家計簿 無料 アプリ