【特集】生活改善に役立つアプリで夜&朝時間を有効活用しよう!


一度崩れると簡単に元に戻らないのが生活リズム。例えば健康維持には夜11時から深夜2時までの睡眠が効果的だと言われているが、昼夜逆転生活が染み付いた体でこの時間帯に眠るのは容易では無い。もちろん朝だってスッキリ起きられない。そんな悩ましい生活リズム改善問題だが、今時は『お役立ちアプリ』を使ってサクッと解決するのがクールだ。更に近頃は朝時間を楽しくするアプリもたくさん登場しており、生活リズム改善に役立ちそうだ。

朝スッキリ目覚めるには「Sleep Cycle」

"レム睡眠"や"ノンレム睡眠"という言葉を聞いた事があるだろうか?人間は睡眠中に浅い眠り=レム睡眠と深い眠り=ノンレム睡眠を交互に繰り返しており、眠りの浅いレム睡眠時の方が寝起きが良くなる事が知られている。睡眠計測&アラームアプリの「Sleep Cycle」は起床時間に最も近いレム睡眠で起こしてくれるアプリだ。使用方法は簡単で、寝る前にベッドの近くや床に置いておくだけ。特許取得のセンサー技術が絶えず睡眠中の様子を見張ってくれ、朝の最も起きやすい時間にアラームを鳴らしてくれるぞ!

詳細記事はこちら→【アプリでプチ朝活しよ!】準備編①:いつもよりちょっとだけ早く起きてみよう!

熟睡したい夜には寝落ち率100%と噂の「寝たまんまヨガ」がおすすめ

朝スッキリ目覚める為に役立つ「Sleep Cycle」と併せて使いたいのが、睡眠導入&熟睡促進アプリの「寝たまんまヨガ」だ。このアプリは「寝たまんまヨガ」は全国展開のヨガスタジオ「スタジオ・ヨギー」のエグゼクティブ・ディレクターである『キミ』が監修する睡眠導入アプリで、ヨガニドラーというガイド瞑想の手法を用いて心身に深いリラクゼーションをもたらしてくれる。詳しい使い方や効果は記事にて紹介しているので参考にしてみて欲しい。

詳細記事はこちら→【アプリでプチ朝活しよ!】準備編②:夜はグッスリ熟睡しよう!

音声入力も出来るタスク管理アプリ「Any.do」はデキル子

スムーズで気持ち良い1日を過ごすには、その日に何をしたいのか、何をしなければいけないのかを明確化する事が不可欠だ。「Any.do」は非常にシンプルな操作でタスク作成が出来るお手軽アプリ。「今日」、「明日」、「近日中」、「そのうち」と分けられたTO DOリストが1画面にまとめられておりスッキリ見やすいのもいい。タスクの順番入れ替えは対象を長押し&スワイプで楽々、更に入力無精な人の為に音声入力機能も用意されている。ちなみにタスクを完了すると盛大にお祝いしてくれたり他の人とシェアする機能が実装されていたりとシンプルかつ使い勝手が良い印象だ。

詳細記事はこちら→【アプリでプチ朝活しよ!】実践編①:1日の始まりにその日のタスクを整理しよう!

朝時間活用WEBマガジン「朝時間.jp」の朝ごはんレシピがスゴい

朝時間活用と聞くと読書やランニング、交流会参加などを思い浮かべがちだが朝ごはんをしっかり食べる事も立派な朝時間活用だ。しかし、中には料理が苦手な人も居るだろう。そんな人におすすめなのが朝時間活用WEBマガジン「朝時間.jp」の朝ごはんレシピ。掲載されているレシピは簡単なものも多いので、料理が苦手な人でも楽しく活用できるぞ!

詳細記事はこちら→【アプリでプチ朝活しよ!】実践編②:簡単オシャレな朝ごはんで気分をアゲよう!

最も頭が働く朝は絶好の勉強タイム!「mikan」で英単語暗記を

朝のフレッシュな時間は気分がいいだけではなく、脳がスッキリしているので勉強にうってつけだ。特に暗記系の勉強には持ってこいで、暗記と言えば英単語。「mikan」は大量の英単語をサクサク覚えるのにピッタリなアプリだ。暗記の進め方はよくあるフラッシュカード形式で、次々出てくる単語に対して最適な意味を選択しから選ぶというシンプルな仕様。しかし「mikan」の優れた所は聴覚と視覚の両方を使った暗記が可能な事だろう。

単語が表示されるのと同時にネイティブ音声で単語を発音してくれるこのアプリ、視覚+聴覚Wの記憶が英単語を覚えるスピードをグッと早めてくれる。更に朝のフレッシュな脳みその回転率と合わせれば、英語学習もサクサク捗るかも?

詳細記事はこちら→【アプリでプチ朝活しよ!】実践編③:起きたてフレッシュな脳で英単語力を磨こう!

朝活にオススメの便利アイテム

関連記事

2016年06月20日22時59分 公開 | カテゴリー: 便利化・快適化 | キーワード:, , | Short URL
このエントリーをはてなブックマークに追加

最新記事