【特集まとめ】ぼやけたブラー壁紙でモダン&楽しいホーム画面カスタマイズを行える「Muzei Live Wallpaper」

「Muzei Live Wallpaper」は、誰でも簡単に使えるホーム画面カスタマイズアプリ。最近流行している、ぼやけたブラー壁紙を簡単操作で設定できるアプリだ。「ホーム画面カスタマイズ」自体をやったことがない初心者から、ある程度スマホに使い慣れてきて「カスタマイズのために面倒なことをするのはちょっと……」となっているヘビーユーザーまで、多くのAndroidユーザーにオススメできるアプリだ。

ぼやけた感じのブラー壁紙は、iOS7でも採用されて話題になったが、別に「Apple的」とか「iPhone的」とかいう訳ではなく、少し前からウェブサービスなどで流行が始まっているモダンデザインだ。一般的には、ブラー壁紙を設定する場合、「元ネタ」になる画像を、画像のブラー化が可能なレタッチアプリで加工し、加工した画像を壁紙に設定する……という手順で作業をすることになる。しかし「Muzei Live Wallpaper」の場合、アプリ上で「元ネタ」画像を(複数)指定しておけば、後は自動でブラー化が行われ、壁紙として表示される。操作が非常に簡単で、手軽に利用できるのだ。

「Muzei Live Wallpaper」の基本から「エクステンション」を使った応用的な使い方、さらにブラー壁紙にピッタリな「アイコンパック」まで、「Muzei Live Wallpaper」で簡単にホーム画面をカスタマイズするテクを一気に紹介しよう。

「Muzei Live Wallpaper」の基本

「Muzei Live Wallpaper」には、画像をブラー化して壁紙にする以外にも、大きく二つの基本機能がある。まず、複数画像を一定時間毎に自動切り替えする機能。次に、ホーム画面の何もない部分をダブルタップすると、ブラー画像から「元ネタ」画像にアニメーション付きで切り替わるという機能だ。普段はブラー壁紙、「元ネタ」をじっくり見たくなったらダブルタップ、という使い方だ。

スマホ内の画像を登録する方法

自分で用意した画像を「元ネタ」にすることもできる。オススメなのは、実際に自分で撮影した写真などを登録することだ。例えば「こないだの旅行で行った温泉街の写真」「こないだのデートで撮影した彼女の写真」などをそのままスマホ壁紙にするのは、どうにも恥ずかしくてイヤだけど、「Muzei Live Wallpaper」でブラー化されていれば、他人から見ても何だかよく分からない写真になるから恥ずかしくない。しかも、実際試して貰えれば分かると思うが、「元ネタ」を知っている自分的には、ちゃんと「あの旅行楽しかったなー」などと思えるのだ。

機能拡張を行うエクステンションにも対応済

「Muzei Live Wallpaper」には、エクステンション機能も搭載されている。「Muzei Live Wallpaper」自体に内蔵されている世界の名画画像やスマホ内写真等以外の、様々な画像をブラー壁紙の「元ネタ」にするためのエクステンションだ。
あんスマがオススメするのは、再生中音楽のアートワーク画像を「元ネタ」にするためのエクステンションや、ナショジオやFlickr等、ネット上の美麗写真を「元ネタ」にするためのエクステンション。ホーム画面を、スマホを使っているだけで楽しい感じにカスタマイズすることができるぞ。

ブラー壁紙に合うアイコンパック

モダンなブラー壁紙を簡単操作で利用できるホーム画面カスタマイズアプリ「Muzei Live Wallpaper」を使い、モダンで楽しいホーム画面壁紙を設定したら、合わせて変更したいのが、アプリアイコンだ。サード製ホーム画面アプリを使い、ホーム画面上のアプリアイコンをモダンなアイコンパックに切り替えれば、ホーム画面が超カッコ良い感じになる。手軽で実用的なホーム画面カスタマイズテクだぞ。

関連記事

2014年03月19日17時00分 公開 | カテゴリー: カスタマイズ | キーワード:, , , , | Short URL
このエントリーをはてなブックマークに追加

最新記事