【特集まとめ】Android4.4の新機能「screenrecord」でスマホのゲームプレイ動画を録画【root不要】



Android4.4(KitKat)には、スマホ上の画面を動画として撮影する「screenrecord」機能が搭載されている。アプリの使用方法を動画で説明したり、そして何より、ゲームのプレイ動画を録画したりするのに利用できる機能だ。従来から、いわゆる「root化」を行ったスマホでは画面録画が可能だったのだが、android4.4の「screenrecord」機能ならroot権限は不要。非root環境でもスマホ画面の録画を行うことができるぞ。

この特集では、「そもそもゲーム動画の録画って違法なんじゃないの?」という疑問への回答や、「screenrecord」機能を使うための準備から、実際の使用方法、さらに作成したゲームプレイ動画にBGM(や解説音声)などを付加する方法まで、Android4.4で「screenrecord」機能を使いこなすテクを一気に紹介するぞ。

「screenrecord」機能を使うための準備

「screenrecord」機能は、使い方自体は簡単なのだが、使うために少し準備が必要だ。プレイ動画を録画して自分で楽しんだり友達に見せびらかしたり、動画共有サイトにアップしたりするため、まずは「screenrecord」機能利用の準備を整えよう。「Java SE Development Kit」「Android SDK」に、更にスマホのドライバを導入し、そしてスマホ内で「USBデバッグ」の設定を有効にするのだ。

「screenrecord」機能でアプリやゲームの画面を動画として録画

「screenrecord」機能を使えば、アプリの使い方説明動画、ゲームのプレイ動画などを、初心者でも簡単に作成することができる…のだが、二つ、「癖」がある。
まず、スマホをPCとUSB接続した状態でないと使えない、ということ。「電車の中でゲームで遊びながら手軽にゲームプレイ動画を作成する」というわけにはいかないのだ。
次に、コマンドプロンプト上での作業が必要、ということ。コマンドプロンプトを使い慣れていないと少し戸惑うかもしれない。ただ、操作自体がそれほど難しいわけではない。試しに一度使ってみれば覚えられるはずだ。

録画した動画にBGMや解説音声を付加する

Android4.4の新機能「screenrecord」で作成した動画ファイルには、音声がない。友達に見せるにせよ、(著作権的に問題のないプレイ動画などを)共有サイトにアップロードするにせよ、BGMが欲しいところだ。「Video Editor : All in One」なら、動画を開いてBGMを選択するだけでOK。普段スマホで聴いている音楽をBGMにできるし、スマホのマイクを使って自分で解説音声などを録音し、利用しても良い。

参考:root必須アプリを使えばUSB接続不要

Playストアで無料配布されているアプリ「Rec.」は、「screenrecord」と同様の画面録画を、USB接続不要で行えるアプリだ。従ってPCの前にいない時でも利用できるが、ただ、「screenrecord」と異なり、root必須だ。いわゆる「root化」を行っていないと使えない。
アプリ自体の操作は非常に簡単なので、「root化」を行っている人であれば、今一番オススメな画面録画アプリだぞ。

関連記事

2014年01月07日08時00分 公開 | カテゴリー: マルチメディア | キーワード:, , , , | Short URL
このエントリーをはてなブックマークに追加

最新記事