ホームアプリのアイコン変更機能で任意のアプリ内のアイコンを使える「App Icon Picker」

多機能なホームアプリには、ショートカットなどのアイコンを自由に変更できる機能が搭載されている。「アイコンパック」と呼ばれる形式のアプリとしてインストールされているアイコンや、画像ファイルとして保存されているアイコンしか選択できない。

端末にインストールされている他のアプリのアイコンを使いたければ、パッケージファイルをZIPファイルとして解凍してアイコンファイルを取り出すなどの作業が必要で、少々面倒くさい。

より手軽に他のアプリのアイコンを使いたければ、「App Icon Picker」を使ってみよう。広く使われている「ADW Launcher」互換形式のアイコンパックとしてホームアプリのアイコン選択画面などから呼び出され、端末にインストールされているアプリのアイコンを選択して利用できるぞ。
ホーム画面用のアイコンだけでなく、アプリ内に含まれている他のアイコンリソースを使用することも可能だ。

App Icon Picker - Beta - Google Play の Android アプリ


001

この電卓アプリのアイコンは何のアプリなのかが分かりづらいので、標準の電卓アプリのアイコンにでも変更してしまいたいところだ。

Lightning Launcher」の場合、ロングタップメニューの「カスタマイズ」→「カスタムアイコンを選択」でアイコンを変更できる。


002

Lightning Launcherの場合、アイコン選択の方法を選択する画面が表示される。App Icon Picker」を使う場合は、「インストール済みADWアイコンパック」を選択しよう。


003

アイコンパックの一覧が表示されたら、「App Icon Picker」を選択。


004

インストールされているアプリの一覧が表示されるので、アイコンを使いたいアプリを選択。ここで表示されているアイコン以外の内蔵アイコンを使いたい場合は、項目をロングタップしよう。


005
アプリ項目をロングタップした場合は、アプリに内蔵されているアイコンの一覧が表示されるので、使いたいアイコンを選択しよう。


006

ショートカットのアイコンが、選択したアイコンに変更されたぞ。

関連記事

2014年01月30日21時19分 公開 | カテゴリー: カスタマイズ | キーワード: | Short URL
このエントリーをはてなブックマークに追加

最新記事