【Xperia Aの初期設定】エフェクトの有無などの設定を変更して快適化

スマホには、機能を利用するために必要な設定の他にも、変更することで使い勝手を高められる設定項目が多数存在する。要チェックの設定項目を一挙に紹介するので、ぜひ調整して自分好みの使いやすいスマホに仕立て上げよう。

まず変更しておきたいのが、エフェクト類のオン・オフ設定だ。初期状態のXperia A SO-04Eは、メニューの選択などの操作を行なうたびに効果音が鳴り、アプリ起動時などには画面がアニメーションしながら切り替わるが、邪魔くさいだけだと感じる人も多いだろう。
これらのエフェクトは、バッテリも多少余計に消費するので、気に入っているのでなければ無効に設定してしまおう。
操作時の効果音やバイブレーションは、設定画面の「音設定」のページで変更できる。この画面では、着信音なども変更可能だ。
画面遷移時のアニメーションの設定は、何故か「開発者向けオプション」の画面にある。この画面には、充電中だけ自動スリープを無効にする設定などもあるぞ。

「画面設定」にも、使い勝手に関わる設定項目があるのでチェックしてみよう。「スリープ」では無操作時の自動スリープまでの待ち時間、「フォントサイズ」では画面の文字サイズを変更できる。
「テーマ」では、設定画面などのアクセントカラー(標準では水色の部分)の変更が可能。
Xperia A独特の機能として、画面の色調を変更する「ホワイトバランス」なども用意されているぞ。


001

画面上部のステータスバーを下にドラッグすることで表示される通知画面の「設定」ボタンなどから、設定画面に進もう。


002

設定カテゴリの一覧が表示されるので、まずは「音設定」を選択してみよう。


003

音設定画面の上部には、音質補正機能のオン/オフや着信音などの設定項目が並んでいる。


004

下の方にある操作音やバイブレーションの項目をタッチして右側のチェックを外せば、余計なエフェクトが停止されて静かになるぞ。


005

「着信音」や「通知音」では、メインの着信音を変更できる。Xperia Aには、Android標準の音声の他にも多数の音声が内蔵されているので、好みの音声がないか探してみよう。


006

アニメーションや充電中の自動スリープの有無は、下の方にある「開発者向けオプション」で設定できる。


007

開発者向けオプションの上部では、「スリープモードにしない」にチェックを入れれば、充電中だけ自動スリープを無効化できる。出先ではバッテリを節約するためにこまめに自動スリープして欲しいが、自宅ではしょっちゅうスリープされてはウザいという場合に設定してみよう。


008

開発者向けオプションの中盤では、アニメーションに関する設定が3つ用意されている。


009

アニメスケールの設定をタップすると、このような選択肢が表示され、アニメーションの長さを変更できる。「アニメーションOFF」にすれば、画面遷移などが速くなるぞ。


010

「画面設定」では、見た目に関する様々な設定を行なえる。


011

「フォントサイズ」を「小」にすると、このように文字サイズが若干小さくなる。


012

フォントサイズを特大にすれば、このような文字サイズになるぞ。


013

「テーマ」では、ホーム画面やロック画面の壁紙と、「アクセントカラー」の変更が可能だ。


014

テーマを変更すると、このように設定画面や通知画面などの標準では水色になっている部分の色が変更されるぞ。


015

「ホワイトバランス」では、下部の帯で強さと色合いを選択して、画面の色合いを変更できる。パソコン用のモニタなどには大抵備わっている機能だが、スマホに搭載されているのは珍しい。

関連記事

2013年07月04日00時12分 公開 | カテゴリー: チューンアップ | キーワード: | Short URL
このエントリーをはてなブックマークに追加

最新記事