ブラウザで開かれてしまったPlayストア,Googleマップ,YouTubeをアプリで開く「GoApps」

PlayストアやGoogleマップ、YouTubeは、専用アプリで見るのが快適だ。例えばPlayストアであれば、アプリインストールなどの操作性が、ブラウザで開いた場合より専用アプリで開いた場合の方が段違いに高いからだ。しかし、ウェブページ上のリンクを使ってPlayストアのURLを開いた場合など、専用アプリではなく、ブラウザでページが開かれてしまう場合がある。ブラウザ上で、「操作性が悪い」と思いながらアプリインストールや地図の拡大縮小、YouTube動画のお気に入り登録などを行った、という経験がある人も多いのでは。
「GoApps」は、ブラウザ上で開いているPlayストア,Googleマップ,YouTubeを、ブラウザの共有メニューを使い、それぞれの専用アプリで開くためのアプリだ。インストールしておくと快適だぞ。


ブラウザでページが開かれてしまうケース

例えば、Firefoxを使って、あんスマなどで貼られている、Playストア内のアプリページへのリンクを開くと……

ブラウザでPlayストアが開かれてしまう。「Opera Mobile」など、他のブラウザでも同様の問題は起こる。この画面からでもアプリインストールなどの作業は、一応可能なのだが、専用アプリに比べると使い勝手が悪い。「GoApps」は、この問題を解決するためのアプリだ。

「GoApps」を使って専用アプリでページを開く

「GoApps」は、ブラウザの共有メニューから呼び出して使うアプリだ。例えば、ブラウザでPlayストア上のアプリページを開き、その状態でブラウザの共有メニューから「GoApps」「Play Store」を選択すれば、Playストアアプリで当該アプリが開かれる。Playストアアプリ上で、インストールなどの操作を行うことができるのだ。


GoApps - Google Play の Android アプリ

「GoApps」をインストールした上で、Playストア,Googleマップ,YouTubeのページ上で、ブラウザの共有メニューを使って「GoApps」を選択する。

「GoApps」のメニューが表示されるのでアプリを選択。この場合なら「Play Store」だ。

選択したアプリ(この場合Playストアのアプリ)で当該ページが開かれる。

GoogleマップやYouTubeでも同様



Googleマップを開いた状態で、同様にブラウザの共有メニューから「GoApps」「Map」をタップすれば、マップアプリで同じ場所が開かれるし……。



YouTube動画ページを開いた状態で、同様にブラウザの共有メニューから「GoApps」「YouTube」をタップすれば、YouTubeアプリで同じ動画が開かれる。

関連記事

2013年01月25日07時00分 公開 | カテゴリー: ネット情報活用 | キーワード:, | Short URL
このエントリーをはてなブックマークに追加

最新記事