Google play上のアプリをインストールせずにダウンロードのみを行なえるアプリ「ApkDownload」

Androidのアプリの多くはGoogle playストアで配布されているが、ダウンロードと同時にインストールが行なわれてしまい、アプリのパッケージのダウンロードのみを行なうことが出来ないため、セキュリティアプリを導入していても有害アプリの侵入を食い止められないことがある。
怪しいアプリをどうしても試したいときは、非公式のダウンロードツールを使ってパッケージのダウンロードのみを行ない、「Virus Total」などでスキャンしたり、「Permission Remover」などで悪用の恐れのあるパーミッションを削除してからインストールするといい。
パソコン用の非公式ダウンロードツールは以前からあったが、最近野良アプリとして公開された「ApkDownload」を使えば、Android上でもGoogle playストアからのAPKダウンロードを行なえるぞ。

ApkDownload


001
ApkDownloadは野良アプリなので、Androidの設定で「提供元不明のアプリ」のインストールを許可しておき、作者のサイトからダウンロードしたAPKファイルをファイルマネージャなどから開いてインストールを行なおう。


002
ホームアプリなどからApkDownloadを起動すると、設定情報を入力する画面が表示されるので、端末を登録したGoogleアカウントのログイン情報を入力しよう。


003
Google playの公式アプリ上でダウンロードしたいアプリの詳細画面を開いたら、ツールバーの共有ボタンをおし、ApkDownloaderを選択しよう。


004
確認画面でOKを押せばダウンロードが開始される。


005
ダウンロードされたAPKファイルは、SDカードの「apk_download」フォルダにアプリごとにフォルダ分けして格納されるぞ。

関連記事

2012年07月06日22時10分 公開 | カテゴリー: 便利化・快適化 | キーワード:, | Short URL
このエントリーをはてなブックマークに追加

最新記事