視覚化された音を頼りに暗闇の迷宮を進むゲーム「Dark Echo」

「Dark Echo」は、視覚的に表現された音の反響を手がかりにして真っ暗な迷宮の出口を目指すアクションパズルゲームだ。主人公が出す足音などが放射状に放たれる光線として表示され、壁に反射する様子を見ることで周囲の地形を把握できる。
しかし、迷宮には魔物が潜んでおり、足音を聞きつけると襲ってくるので注意が必要だ。時には気配を殺して忍び足で進んだり、石を投げて音を立てて引きつけたりして、上手くやり過ごしながらゴールを目指そう。
音の線と主人公の足あとのみのシンプルなグラフィックが想像力をかき立てる本作。通常価格200円の有料アプリだが、現在はクリスマスセールとして75%オフの50円で購入可能となっているので、アーティスティックなゲームが好きな人などはこの機会にゲットしてみては。

Dark Echo - Google Play の Android アプリ


001

タイトル画面で「プレイ」を押してゲームを開始すると、暗闇に主人公の足だけが表示される。
新要素が登場するステージでは、最初に手本が表示されるほか、ステージの最初に表示されるタイトルがヒントになることもあるぞ。
カナダのメーカーの作品だが、ステージ名などのテキストは日本語化されているぞ。


002

画面のどこかをタッチすると、その方向に向かって歩き始める。足音が鳴ると、放射状に光の線が放たれ、壁に跳ね返りながら進んでいくので、通れる場所を把握できるぞ。


003

光の線が赤く表示される場所は、触れるとステージの最初からやり直しとなってしまう危険地帯なので、避けて通ろう。
黄色く見えるゾーンはスイッチになっており、触れるとどこかの扉が開いたりする。他にも、特定の場所まで進むと道が崩落でふさがるなどのイベントが発生することもあるぞ。


004

主人公の位置をロングタップすると、その場で足踏みをして大きな音を立てることができる。遠くの様子まで確認できる他、敵をおびき寄せるために使うこともあるぞ。


005

このような赤いトゲトゲは、音を感知すると襲ってくる魔物だ。


006

画面を一瞬だけタップすると気配を殺して忍び足で進むことができる。一度魔物に感付かれても、足音を聞かれないようにしながらその場を離れれば追ってこなくなる。


007

画面をスワイプすると石を投げることができ、壁にぶつかると大きな音が鳴って魔物をおびき寄せることが可能だ。また、石をぶつけることで破壊できる壁も存在する。


008

音の線が太く表示されるゾーンに辿り着くとステージクリアだ。


009

右上の一時停止ボタンを押すと、このようなメニューが表示されて、最初からやり直したりステージ選択画面に戻ることができる。


010

一度クリアしたステージは、ステージ選択画面で何度でもやり直し可能だ。
裏面となる白の世界と合わせると合計40ものステージが用意されており、なかなかのボリュームとなっているぞ。

関連記事

2015年12月23日10時04分 公開 | カテゴリー: エンターテインメント | キーワード:, | Short URL
このエントリーをはてなブックマークに追加

最新記事