肋骨を砕いて臓器を投げ捨てろ!大雑把すぎる外科手術ゲーム「Surgeon Simulator」

「Surgeon Simulator」は、外科医となって臓器移植などの手術を行うゲームだ。メスなどの器具をドラッグで動かして臓器を切除していくというのが基本的な流れだが、複雑な作業を単純なタッチ操作で再現するのは難しいため、作業手順は簡略化されており、実際の手術のような正確さも不要となっている。
出血が一定量以内なら、関係の無い部分をどれだけ傷つけても構わず、邪魔な臓器も適当に引きずり出して投げ捨ててしまえばOK。縫合なども必要なく、新しい臓器を所定の場所に放り込めばクリアだ。
突っ込み所だらけの大雑把な展開が可笑しくて、動画サイトなどで人気を博したパソコン向けゲームのモバイル版となる本作。Android版は通常価格615円の有料アプリだが、この週末はブラックフライデーセールで245円へと大幅値引きされているので、馬鹿馬鹿しいゲームが好きな人などはチェックしてみよう。

Surgeon Simulator - Google Play の Android アプリ


001

ゲームがスタートしたら、二本指でのタッチで視点を移動し、道具をドラッグして患者に近づけよう。


002

道具をドラッグしながら別の指で患者をタッチすると、タッチした部分に狙いを付けられる。まずは邪魔な肋骨を粉砕したり、邪魔な臓器を切除していこう。


003

切り離した骨や臓器もドラッグで移動できるので、適当に投げ捨ててしまおう。


004

新しい臓器はこのようなケースに入っているので、蓋をタッチ操作で開けよう。


005

患部を切除して新しい臓器を投げ込めばステージクリアだ。
タイムや出血量によってスコアが算出されるぞ。


006

右上の出血許容量がゼロになるとゲームオーバーだ。


007

ステージを選択する事務室画面にも様々な仕掛けがある。カセットプレイヤーの蓋を開けてテープを入れて再生すると、宇宙人を手術する隠しステージに進めるぞ。
また、左の情報端末では、手術の手順などのヒントを表示できる。

関連記事

2015年11月29日01時03分 公開 | カテゴリー: エンターテインメント | キーワード:, | Short URL
このエントリーをはてなブックマークに追加

最新記事