遭難した宇宙飛行士と交信して助けるリアルタイムノベルゲーム「Lifeline」

「Lifeline」は、未知の星に不時着した宇宙飛行士からの通信が届いたという設定で、飛行士が送ってくるメッセージを読んで返信内容を選択しながら物語を進めていくSF系インタラクティブノベルゲームだ。
物語がリアルタイムで進行していいき、飛行士が移動や作業に入るとしばらく待つ必要があるのが特徴。待っている間に届いたメッセージは端末の通知画面に表示されるので、まるで実際にSMSで交信しているかのような臨場感があるぞ。
ユニークなシステムと練り込まれたストーリーが高く評価され、公開されてから日が浅い有料アプリながら10万ダウンロードを超える人気作となっている。
現在の所、Android版には英語版しか用意されていないが、iOS版はバージョンアップで日本語モードが追加されたので、将来的にはAndroidでも日本語で楽しめるようになるはずだ。あまり難しい英語は使われていないので、英語の勉強を兼ねて英語版のままでプレイするのもいいだろう。
通常価格246円の本作だが、期間限定で120円で購入できる値引きセールが実施されているので、興味がある人はこの機会にゲットしてみては。

Lifeline - Google Play の Android アプリ

Amazon.co.jp: Lifeline: Android アプリストア



001

最初にプレイを開始すると、通知の表示方法を選択する画面が表示される。「Clustered Notification」を選択すれば、複数のメッセージが1つの通知にまとめて表示されるぞ。


002

ゲームをスタートすると、宇宙飛行士からのメッセージが次々に表示される。途中で選択肢で質問や助言の内容を選ぶことで展開が変化していくぞ。
画面をスクロールすれば、過去に表示されたメッセージをいつでも読み返すことが可能だ。


003

飛行士が移動や作業を始めると「Taylor is busy」と表示されて交信は停止する。次のメッセージが来るまでには数時間ほどかかることもあるので、他のことをしながら気長に待とう。


004

ゲーム画面を表示していない間にメッセージが届くと、メールなどのように端末の通知画面に表示される。
選択肢が現れた時点でゲーム内の時間は停止するので、長時間放置してしまっても問題はないぞ。


005

飛行士が生還できるように導いてやるのがプレイヤーの使命だが、誤った助言をしてしまうと命を落としてバッドエンドになって過去のチェックポイントからやり直しになってしまうこともある。


006

一度何らかの結末に到達すると、以降は過去の選択肢をタッチして展開を選び直せるようになるぞ。
最速でバッドエンドに辿り着きたければ、崖の方に向かわせて崖を登るように指示すればいいぞ。


007

画面下部の「≡」ボタンを押すと、このような設定画面が表示され、サウンドの有無や通知の表示形式を変更可能だ。


008

ゲーム内の時間は端末の日付時刻に連動しているので、手動で時刻を変更したりすると動作がおかしくなるので注意しよう。

関連記事

2015年08月30日04時50分 公開 | カテゴリー: エンターテインメント | キーワード:, | Short URL
このエントリーをはてなブックマークに追加

最新記事