独特の世界観が緻密な手描きグラフィックで表現された謎解きゲーム「Machinarium」

「Machinarium」は、画面上をタッチして主人公を動かしアイテムを拾ったり仕掛けを操作して先へ進んでいくアドベンチャーゲームだ。ブリキのような質感のロボット達が暮らす世界が、緻密な手描きグラフィックで描かれている。
謎解きはこの種のゲームの中でもかなり手強いものとなっているが、ヒント機能が完備されているので、誰でもラストまで辿り着けるだろう。メニューなどのテキストは英語だが、ストーリーやヒントは全てイラストやアニメーションで表現されているので、英語が分からなくても問題は無いぞ。
ハイクオリティなグラフィックやBGMが各方面で高い評価を得て、多くの賞を獲得している本作。通常価格500円の有料アプリだが、Google Playストアでは年末セールとして117円へと大幅値引きされているので、謎解きゲームやアーティスティックな雰囲気のゲームが好きな人はチェックしてみては。

Machinarium - Google Play の Android アプリ
Amazon.co.jp: Machinarium: Android アプリストア


001

画面上をタッチすると、主人公がその場所に移動し、主人公の近くのものをタッチすれば、アイテムを拾ったり仕掛けを操作するなどの動作を行える。


002

主人公を上下にスワイプすると、胴体を伸び縮みさせられる。普段は届かない場所を調べたり、通れない場所を通ることができるようになるぞ。


003

ほかのロボットとの会話はイメージ映像で表現されるので、英語が分からなくても問題ない。


004

仕掛けの中には、パズルゲームやシューティングゲームのようなミニゲームになっているものもある。


005

アイテムを入手すると、アイテム欄に収容される。アイテム欄は、画面右上の☆をタッチすることで表示できるぞ。


006

アイテムは対応するものにドラッグすることで使用できる。


007

一部のアイテムは、アイテム欄でほかのアイテムに重ねることで組み合わせて別のアイテムを作り出せるぞ。


008

アイテム欄右の電球のアイコンをタッチすると、その場面でのやるべきことがイラストで表示される。何をすればいいか分からなくなったら、まずはこれをヒントにしよう。


009

より詳細なヒントが欲しい場合は、右端のアイコンをタッチしよう。このような画面が表示され、横スクロールシューティングゲームをクリアすることでヒントが表示されるぞ。


010

詳細なヒントも、イラストによる図解となっているので、英語が分からなくても問題ない。


011

アイテム画面下部の歯車のアイコンで表示される設定画面からは、カーソル操作モードへの変更が可能だ。


012

カーソル操作モードでは、画面のドラッグでカーソルを移動し、ダブルタップでアクションを実行する。操作可能な箇所にカーソルを合わせるとカーソルの図柄が変わるので、どこが操作できるか分かりやすいぞ。

関連記事

2014年12月27日15時19分 公開 | カテゴリー: エンターテインメント | キーワード:, | Short URL
このエントリーをはてなブックマークに追加

最新記事