端末に登録されたGmailアドレスなどを素早く入力できる「アカウントマッシュルーム」

ネットサービスのユーザー登録などでは、電子メールアドレスの入力が求められることが多い。登録した情報を流出させてしまったり、広告メールを送りつけてくるサービスもあるので、信用できないサービスには普段使っている物とは別のアドレスを入力するようにしたいところだ。
しかし、いくつものアドレスを使い分けていると、たまにしか使わないアドレスは覚えていられず、入力するのが大変だ。
そこで、登録したIDなどのテキストを素早く入力できるツールが多数作られている。「アカウントマッシュルーム」は、端末のアカウント管理機能に登録されたメールアドレスを素早く入力できるという特殊な入力補助アプリだ。日本語入力アプリに搭載されている「マッシュルーム」拡張アプリ呼び出し機能から利用する。
端末に登録されているアカウントしか入力できないが、一般的な定型文アプリのようにいちいち自分でテキストを登録する必要がないのが利点だ。多数のアドレスを使い分けている人などは試してみるといいだろう。

アカウントマッシュルーム - Google Play の Android アプリ



001

アカウントマッシュルームをインストールしたら、メールアドレスを入力したい場面で、日本語入力アプリのマッシュルームアプリ呼び出し操作を行おう。方法はアプリによって異なるが、文字種切り替えキーや記号キーの長押しやフリックに割り当てられていることが多いぞ。


002

マッシュルームアプリの一覧から「アカウントマッシュルーム」を選択。


003

端末のアカウント管理機能に登録されているサービスの一覧が表示され、サービス名をタップするとアカウント名が表示される。


004

アカウント名をタップすれば、入力欄にメールアドレスやアカウント名が入力されるぞ。


005

ホーム画面などに表示されるアカウントマッシュルームのアイコンからは、設定画面に進める。現在のところ、不要なサービスの非表示化の設定のみが用意されている。


006

「非表示にするアカウントの選択」で選択したサービスは表示されなくなるぞ。入力する機会のないサービスを非表示にしておこう。

関連記事

2014年05月07日23時47分 公開 | カテゴリー: 文書編集 | キーワード: | Short URL
このエントリーをはてなブックマークに追加

最新記事