【Lightning Launcher】スクロールしてもよく使う項目を常時同じ位置に表示する「ピン留め」機能

「Lightning Launcher」は広いスクリーンをスクロールさせて使えるのが特徴のホームアプリだが、特定の項目を常時同じ位置に表示させる「ピン留め」という機能も用意されている。
これは一般的なホームアプリで画面下に表示されるドックバーなどと呼ばれる部分に近い要素だが、Lightning Launcherのピン留めでは画面下部だけでなくあらゆる位置に固定表示でき、ショートカットだけでなくウィジェットを固定表示することもできるなど、大幅に自由度が高くなっている。画面上部に時計を常時表示するなど、様々な使い方ができるぞ。

また、「カスタマイズ」→「詳細」→「その他」では、水平位置や垂直位置のみを固定することも可能となっている。
この機能は、上下を仕事用、プライベート用の2つの画面に分けて、それぞれ左右に複数ページを用意している場合などに、よく使うアプリは水平位置のみピン止め表示するといった形で利用するといいだろう。

Lightning Launcher - Google Play の Android アプリ

Lightning Launcher - 日本語 - Google Play の Android アプリ


001

ピン留めされた項目は、編集モードにすると錠前のアイコンが表示される。初期状態で設置されている「設定」「All Apps」「ブラウザ」では、ピン留めが有効になっているぞ。



002003004


項目をピン留めするには、ロングタップメニューの「位置」→「ピン留めする」を選択しよう。スクロールしても同じ位置に表示されたままになるぞ。



005006007


水平や垂直のみ固定させたい場合は、ロングタップメニューの「カスタマイズ」→「詳細」を選択し、「その他」タブの「ピン留めモード」の設定を変更しよう。

関連記事

2014年01月27日22時13分 公開 | カテゴリー: カスタマイズ | キーワード: | Short URL
このエントリーをはてなブックマークに追加

最新記事