祝日に起こされない&天気によって別の音楽で起きられるYahoo!製「アラームクロック」

携帯電話を目覚まし時計にするのは、ガラケーの頃からの定番テク。スマホに代えた後も、スマホ標準搭載のアラームアプリを使って目覚めている人が多いだろう。
ガラケーやスマホのアラーム機能/アプリには、曜日によってアラームの鳴る時間を変えるための機能があるから、「月~金は学校/会社に行くから8時起きで、土日は休みだから10時で良いや」と設定を行えば良い……のだが、この設定には「穴」がある。祝日で休みな平日に、学校/会社に行く日と同じ時刻に起こされてしまうのだ。前の晩に手動でアラームを解除しておけば良いが、うっかり忘れて「あああ、せっかくの祝日なのに!」と悔しい経験をしたことが、誰でも何度もあるはずだ。
頭の良いスマホなら、アプリを使うことで、この問題を解決することができる。Yahoo!製のアラームアプリ「アラームクロック」なら、「祝日以外の月~金は8時」というようなアラーム設定が可能なのだ。アプリが日本の祝日を理解しており、例えば「今日は月曜だけど、祝日だからこのアラームは無効にする」と自動判断してくれる仕組み。「スマートフォンって頭が良い!」と感動できるアプリだぞ。
さらに、「アラームクロック」にはもう一つ、ガラケーでは考えられない機能が付いている。天気によって別のアラーム音/音楽を鳴らさせることができるのだ。寝ぼけながら「この音楽が鳴っているということは、晴れだぁ」と思いながら目覚める感覚は、何だかとっても未来的だ。
スマートフォンらしいアラームアプリ「アラームクロック」、スマホ標準のアラームアプリや、他の低機能なアラームアプリを使っている人は、今すぐ導入して試してみよう!

アラームクロック シンプルで使いやすい目覚まし時計 | アンドロイドアプリ - Yahoo!マーケット
アラームクロック シンプルで使いやすい目覚まし時計 - Google Play の Android アプリ

「アラームクロック」は、基本的にはシンプルで使いやすいアラームアプリだ。曜日などによって有効/無効を切り替えるアラームを複数登録することができて、それぞれのアラーム設定内で時間や繰り返し設定などを行う……と、ここまではガラケーのアラーム機能や、スマホ標準のアラームアプリなどとほぼ同じ。特に操作などに悩むことなく使い始められるぞ。

特徴的な機能の一つ目が、「祝日には鳴らさない」機能だ。普通のアラームアプリ(左)は、曜日でしか有効/無効を切り替えられない。だから「平日である祝日」に、学校/会社に行く日と同じ時間に起こされてしまう。しかし、「アラームクロック(右)」なら、曜日を選択した上で「祝日には鳴らさない」にチェックを入れることができる。この画面の設定なら、「月~金は基本有効、しかし祝日だったら無効」となるのだ。「祝日ではない平日」にのみ、学校/会社に行く日用のアラーム設定を適用できる、というわけだ。

アラーム音を、天気ごとに設定できるのもスゴい。デフォルトで「晴れっぽい音楽」「雨っぽい音楽」などが入っているし、スマホ内の音楽を自分で設定することもできる。

「晴れならテンションの高い&明るい曲」「雨ならしっとりした曲」などと自分で設定していくと楽しいぞ。……正直なところ、最初の1週間くらいは、どの曲がどの天気かよく分からなくなるが、しばらく使っていれば、本文通り「この音楽が鳴っているということは、晴れだぁ」などと思いながら目覚めることができるようになる。

天気は、GPSを使って現在地のものが自動取得されるが、住所を自分で選択することもできる。非常にピンポイントな指定が可能なので、まず外れはない。

ちょっと変わった機能として、目覚めたときにTwitterに自動投稿を行う連携機能もある。設定画面内からTwitter連携を有効にしておくと……。

アラームを止めたときにTwitterに自動で投稿が行われる。……特に週末に遅起きした場合はちょっと恥ずかしいけど。

関連記事

2013年09月08日12時40分 公開 | カテゴリー: ライフハック | キーワード:, , | Short URL
このエントリーをはてなブックマークに追加

最新記事