弱体化前の旧「Opera Mobile」を使いたければ公式サイトからダウンロードしよう

Webブラウザ「Opera」のバージョン14が正式公開された。「Opera Mobile」と呼ばれていた今までのバージョンでは独自に開発したページレンダリングエンジンを搭載していたが、このバージョンからはGoogle Chromeなどと同じWebKitエンジンに変更。その他のインターフェイスも大幅に刷新された。
だが、従来バージョンに搭載されていたコンテンツブロックやユーザースクリプトなどの高度な機能がことごとく使えなくなってしまい、他のブラウザと大して変わり映えのしない微妙なブラウザへと弱体化してしまった。
Operaの公式サイトでは、従来バージョンのOpera Mobileをダウンロード可能となっているので、バージョンアップしてしまって戻したくなった人や、Opera Mobileが多機能だと聞いて試してみたくなった人などは、こちらを利用するといいだろう。

Opera Mini & Opera Mobile -- Download:

Opera ブラウザ - Google Play の Android アプリ



001

従来は「opera:config」というURLにアクセスすることで様々な設定を変更できたが、源氏あのOpera 14ではエラー画面が表示されるだけになっている。



002003004


従来のOpera Mobileをダウンロードするには、Operaの公式サイトのモバイル版ダウンロードページで、「Choose an application」で「Opera Mobile 12.1(Android 1.6+)」を選択し、「View download link」を押し、「International」のリンクをクリックしよう。

Opera Mini & Opera Mobile -- Download:


005

APKファイルがダウンロードされるので、ダウンロードリストやファイルマネージャなどで開いてインストールを行なおう。なお、APKファイルからのインストールを行なうには、Androidの設定の「セキュリティ」(Android4.0未満では「アプリケーション」)の画面で「提供元不明のアプリ」にチェックを入れておく必要があるぞ。

関連記事

2013年05月23日23時31分 公開 | カテゴリー: ネット情報活用 | キーワード: | Short URL
このエントリーをはてなブックマークに追加

最新記事