LINEを「既読」にせずに全文/全トーク読める「Notification History」はLINEユーザー必携!

LINEのメッセージ(「トーク」)には、相手が読むと「既読」になる、という機能が搭載されている。便利ではあるが、返信せずにいると、相手から見て「既読になっているのに返信が来ない!」となってしまう。返信を急かされているようでイヤだ。
この「既読」マークは、LINEアプリでトークを読んだ時点で付く。……と、いうことは、通知内でトークを読んでいる分には「既読」マークは付かない……のだが、このテクには二つの弱点がある。まず、長い文章だと、通知内には全文が表示されず、途中で切れてしまう、ということ。次に、複数のトークが順次届いた場合、通知内に表示されるのは最後に受信したトークだけ、ということ。その他のトークは一切読めないのだ。
「Notification History」を使うと、長いトーク、複数のトークを受信した場合でも、全文/全部を、「既読」にせずに読むことができるぞ。

「通知」でトークを読むテクと限界

LINEトークの受信時には、ポップアップ表示が行われる。ここには受信したトークの全文が表示されるが、そもそも設定で無効にしている人もいるだろうし、有効にしていても、一度閉じると復活しない。また、複数のトークを受信した場合、表示されているのは最後に受信したトークだけだ。

「通知」にもトークが届く。しかし、本文通り、ここに表示されるのは最後に受信したトークだけだし、また、長い文章だと途中で切れてしまう。

長いトーク、または複数のトークを受信した場合、LINEアプリを起動しないと全部を読めないし、起動してしまうと相手側で「既読」になってしまう、というわけだ。

「Notification History」で全文/全トークを確認

「Notification History」は、通知に届いた文章を、長くても途中で切らず、また、「履歴」という形で表示してくれるアプリだ。このため、LINEの通知も、長いトークであっても最後まで、また、複数のトークが届いた場合であっても全部、読むことができる。


Notification History - Google Play の Android アプリ
Notification History Pro - Google Play の Android アプリ

「Notification History」をインストール。初回起動時にシステム設定を変更する必要がある。「OK」をタップ。



システム設定の「ユーザー補助」が開かれるので、少し下にある「サービス」の「Notification History」を開く。右上のボタンをタップすると警告が表示されるので「OK」。「Notification History」を有効に変更しよう。変更したら戻るボタンで「Notification History」の画面に戻る。

長い・複数トーク受信時の確認方法

以後、LINEでトークを受信したら、「Notification History」を開くと、「LINE」が表示されているはず。

LINEをタップすると、LINEが受信した通知の全文&全部、つまり、長いトークであっても全文、複数トーク受信時であっても全部が表示される。……ただ、無料版だと、「全部」といっても件数制限がある。実際に問題になることは少ないはずだが、ここらへんの制限が気になる人は有料版を購入しよう。

関連記事

2013年01月24日19時39分 公開 | カテゴリー: ソーシャル | キーワード:, | Short URL
このエントリーをはてなブックマークに追加

最新記事