[Androidの基本テク] ブラウザの閲覧履歴を消したい

友人などから「スマホちょっと触らせて」などと言われたときは、理由もなく断るのは難しい。常識ある人ならメールや連絡帳などは見ないはずなので安心、などと思っていると思わぬ落とし穴がある。それがブラウザの履歴だ。履歴には検索履歴も残る。ブラウザで見たものはメールと同等くらいのプライベートな領域だ。絶対見られたくない。

「履歴なんてわざわざ見ないよw」と思われるかもしれないが、ヤバイのがGoogle検索ウィジェットだ。Androidを持ってない人は珍しがって使ってみることが予想される。ブラウザの履歴を検索できるようにしておくと、ただGoogleで検索しようとしただけで、ブラウザの履歴が表示されてしまう。解決としては、Google検索ウィジェットの設定でブラウザの履歴を検索対象からはずしておくことだが、それでも安心はできない。

そこで、ブラウザの履歴を消してしまおう。特に見られたらヤバイようなサイトを見たあとは、すぐに消しておくのが賢明だ。ちょっと手間をかけるだけで、自分のプライベートを死守できると思えば安いものだ。

history-del1history-del2

Google検索ウィジェットは、検索しようとタップしただけでブラウザの履歴や検索履歴が表示される。検索履歴は「×」をタップすることで削除できる。

history-del3history-del4

履歴を個別に消す場合は、ブラウザのブックマークアイコンから「履歴」を開く。長押しして表示されたメニューから「履歴を削除」をタップで削除が可能だ。

history-del5history-del6

「どこにヤバイ履歴があるかわからない!」という場合は履歴を全て消そう。ブラウザでメニューを押して「設定」をタップ。「プライバシーとセキュリティ」を選択して「履歴を消去」をタップ。確認画面が表示されたら「OK」を押そう。

history-del7履歴はすべて消えた。もちろんGoogle検索ウィジェットにも表示されない。これでヤバイ履歴を見られずに済む。

参考

「そもそもGoogle検索ウィジェットに履歴を表示したくない」という場合は、検索対象から外そう。下記の記事が参考になるはずだ。

関連記事

2012年12月27日20時00分 公開 | カテゴリー: ネット情報活用 | キーワード: | Short URL
このエントリーをはてなブックマークに追加

最新記事