【彼氏彼女のスマホ事情】お互いの予定を緩やかに伝え合える、デートスケジュールのためのカレンダー共有方法

友達に「来週の土曜か日曜に釣りに行こうぜ」などと誘われ、「土日のどちらかはデートしたいけど、彼女のスケジュールどうなってるかなぁ」などと思ったことがある人は多いはず。「この日は会社の飲み会がある」などの、大ざっぱな情報だけでも早い段階で伝え合っておけば、お互いに友達との用事などを入れやすい。また、相手の大まかな予定が分かっていれば、ふと金曜の夜などに「今晩もう帰ってるのかなぁ」「しかし会社の飲み会中に電話来るの俺も嫌いだし、飲み会中かもしれないし、かけない方がよいかなぁ」などと悩む必要もない。
そこでオススメするのが、Googleカレンダーを使ったカレンダー共有だ。……と聞いて、「自分の予定を全部相手に教えるなんてプライバシーがなくてイヤだ!」と思った人も、安心して欲しい。複数カレンダーを作成すれば、「相手と共有したい予定」だけを共有できる。例えば、会社の飲み会が決まった時点で、「●日は会社の飲み会」という予定を、相手と共有するカレンダーに登録しておく。待ち合わせ時間/場所や店が決まったら、それら詳細な予定は、自分専用のカレンダーに登録しておく、というような運用を行えばよいのだ。

共有カレンダーの作成方法

AndroidユーザーでもiPhoneユーザーでも、「スマートフォンとPCとで予定を共有」するために、Googleカレンダーを使っている人は多いはず。まず、Googleカレンダー上で「新しいカレンダー」として、これまで使っていた自分専用カレンダーとは別に、相手と共有するカレンダーを作成する。以後、予定作成時には「その予定をどちらのカレンダーに登録するか」を選択できるようになる。
カレンダーの共有ができたら、相手は、そのカレンダーをスマートフォンに読み込ませればよい。これらの作業を双方で行うことで、お互いの「大まかな予定」を、緩やかに伝え合うことができるのだ。



まず、PCブラウザでGoogleカレンダーにアクセスし、歯車アイコンから「設定」を選択しよう。

次に、「カレンダー」タブから「新しいカレンダーの作成」を選択。



「カレンダー」にカレンダーの名前を入力。「(相手の名前)共有用」などにしておくと分かりやすい。「特定のユーザーと共有」で相手のアドレスを入力し「閲覧権限」を選択して「ユーザーを追加」をクリック。

これで相手にメールが届く。

以後、予定作成時に、「カレンダー」で、その予定をどちらのカレンダーに登録するか選べるようになる。



「この日は会社の飲み会」など、大まかな情報を共有用にするとよい。詳細な予定や、相手に教える必要のない予定はプライベート用カレンダーへ入力しよう。

この作業をお互いに行えばOKだ。

スマートフォンのカレンダーに相手のスケジュールを表示

Google カレンダー - Google Play の Android アプリ


Googleカレンダーに対応したカレンダーアプリであれば、共有されたカレンダーの表示も可能だ。Googleカレンダー純正アプリの場合、設定ボタン「表示するカレンダー」をタップし、「同期するカレンダー」を開く。共有されているカレンダーが表示されるはずなので、チェックを入れ「OK」をタップ。

「表示するカレンダー」でも、共有されているカレンダーにチェックを入れておこう。



これで、アプリ上/ウィジェット上で、相手の共有カレンダーも表示されるようになった。自分のカレンダーとは色分け表示されているから分かりやすいぞ。

目次

関連記事

2012年11月24日13時00分 公開 | カテゴリー: ソーシャル | キーワード:, , | Short URL
このエントリーをはてなブックマークに追加

最新記事