あんスマ特製の調査ツールでショートカットからインテントのURI文字列を取得しよう

ansumakun_icon5Androidでは、アプリの起動などは「インテント」という仕組みで行なわれている。ショートカットアプリを自作するには、アプリ化したいショートカットがどのようなインテントを呼び出しているのかを知る必要がある。
そこで、ショートカットのインテントを表すURI文字列を調査するあんスマ特製アプリ「CopyShortcutURI」を用意したぞ。実行するとショートカット作成対応アプリを選択するメニューが表示され、アプリを選択して設定を行うと、ショートカットが作成される代わりにインテントのURI文字列がクリップボードにコピーされる。これをメールなどでアプリ作成を行なうパソコンに送信して、ショートカットアプリのソースコードの該当箇所に貼り付ければいいぞ。

shortcutapp_001CopyShortcutURIをインストールし実行すると、ショートカット作成対応アプリの一覧メニューが表示されるので、ショートカットをアプリ化したい項目を選択しよう。

shortcutapp_002ショートカットの種類ごとに固有の設定画面が表示されるので、設定を行おう。「ブックマーク」の場合は、ショートカットにしたいブックマーク項目の選択画面が表示される。

shortcutapp_003ショートカットの設定が完了すると、このようなポップアップメッセージが表示され、クリップボードにインテントのURIがコピーされる。これをメール本文に貼り付けて自分に送るなどして、パソコンに転送しよう。

ショートカット作成メニューに表示されないアプリにも対応

Androidのショートカット作成方法には、アプリ側からショートカット作成操作を実行してホームなどに登録要求を送信する方式も存在する。サブランチャーなどは、ショートカット登録が可能でも、この方式の登録要求には対応していないことが多い。
「Opera Mobile」や「ES ファイルエクスプローラ」などのように、ショートカット作成対応アプリの一覧に表示されず、アプリ上から作成操作を実行することしかできないアプリでは、登録要求に応答しないランチャーにはショートカットを登録できない。
CopyShortcutURIには、アプリからのショートカット作成要求にも対応している。コピーされたインテントのURI文字列を元にショートカットアプリを自作すれば、ショートカット登録要求に応答しないランチャにも登録できるぞ。

shortcutapp_004CopyShortcutURIをインストールした状態で、アプリ上のショートカット作成操作を行なおう。「ES ファイルエクスプローラ」のフォルダショートカットを作成するには、フォルダのロングタップメニューから「ショートカット」を実行する。

shortcutapp_005インストールされているホームアプリにショートカットが登録されると同時に、CopyShortcutURIによってインテントのURI文字列がコピーされるぞ。

CopyShortcutURI - Android マーケットのアプリ
あんスマ - Android マーケットのアプリ


関連記事

2012年01月16日19時50分 公開 | カテゴリー: 便利化・快適化 | キーワード:, , | Short URL
このエントリーをはてなブックマークに追加

最新記事