地下鉄の中でだってサイトの更新チェックしてみせる!オフライン特集2

地下鉄内でも自分のお気に入りのサイトの更新情報をキャッチするにはRSSリーダーを使うのが一番だ。オススメはGoogle Reader。パソコンからGoogle Readerを使う方法はこちらのRSS特集でも紹介したので、RSSって何?っていう人も一度見て欲しい。

さて、今回の特集ではオフラインでも記事を読むことを目標にRSSリーダーを使おうとしている。スマホには人気アプリgReaderを導入しよう。

gReaderはオフライン機能が充実しているRSSリーダーで、まだベータ版だが細かいキャッシュの設定が可能でオフラインでの利用を支援してくれる。

アプリの導入

20110913-140949アプリをインストールして起動すると、Google Readerのアカウントを選ぶ。アカウントを選んで同期を開始させよう。

20110913-141242同期を完了させるとこのようにPC版Google Readerと同じような画面が現れる。

オフライン機能の設定

オフラインで利用するには、スマホ本体のメニューボタンを押して、「設定」を選択しよう。まずは「キャッシュ」を選択して「ストレージ」から「SDカード」を選択しよう。これでRSSを取得しまくっても内部ストレージいっぱいになることを防ぐ。
20110913-14122220110913-14151920110913-141539

次に「オフライン作業」を選択して詳しいオフライン作業の設定を行なう。「Offline usage」を選択して「有効」を選択しよう。記事がダウンロードされるようになる。
20110913-14184420110913-14195920110913-142040

20110913-142141次に「Cache feed images」にチェックを入れよう。あんスマや2chまとめサイトなど画像が多いサイトを良く閲覧する人はチェックを入れると良い。

20110913-143159設定が完了すると、記事のダウンロードが開始される。もしも購読しているサイトの数が膨大である場合は、画像なしでキャッシュする事を検討してみると良い。

20110913-152213このようにオフラインの環境であってもまるでオンラインであるかのように更新情報をチェックできたぞ。

関連記事

2011年09月14日09時58分 公開 | カテゴリー: ネット情報活用 | キーワード:, | Short URL
このエントリーをはてなブックマークに追加

最新記事