パソコンとAndroid端末間のファイルコピーを「MFSync」で自動化しよう

パソコンとAndroid端末をUSB接続して、持ち出したいファイルを端末上にコピーしたり、Android端末で保存した写真などのファイルをパソコンに移したりするとき、いちいちエクスプローラで両フォルダを開いてコピー操作をするのは面倒くさい。

コピー元とコピー先のフォルダが一定なら、「MFSync」などのフォルダ同期コピーツールを使うといい。コピー元フォルダに新たに作成されたファイルや更新されたファイルなど、コピーすべきファイルだけを洗い出して自動コピーしてくれるぞ。定義ファイルを保存してショートカットを作成しておけば、ダブルクリック一発でコピーを実行させることも可能だ。

mfsync_001MFSync.exeを起動し、オプション設定画面で対象フォルダや処理方法などを設定しよう。「±2秒は同一時刻とみなす」はONにしておくといい。


mfsync_002「検索開始」を押してメイン画面に進んだら、メニューの「ファイル」→「設定ファイルを保存」で、処理設定ファイルを保存しよう。

mfsync_003次に、MFSync.exeのショートカットを作成し、プロパティ画面を開いて、「ショートカット」ページの「リンク先」欄を「"(インストール先フォルダパス)\MFSync.exe" "(保存した設定ファイルのパス)" -s」のようになるように編集しよう。(各パス及び「-s」の間は半角スペース一つを空ける)

mfsync_004ショートカットを実行すると、同期処理が実行されるぞ。

MFSync

関連記事

2011年07月13日17時20分 公開 | カテゴリー: ファイル管理 | キーワード:, | Short URL
このエントリーをはてなブックマークに追加

最新記事