iconADW.Launcher | あんスマペディア

ドロワーのグループ化やショートカットアイコンの変更など多彩な機能を備えたホームアプリ

Opensource 公開元: AnderWeb ver. (2017/08/17)


関連記事

  • 老舗の多機能ホームアプリ「ADW.Launcher」が久しぶりのバージョンアップで全面リニューアル!

    「ADW.Launcher」は、ショートカットのアイコンやタイトルの変更、スワイプ操作へのアクションの割り当て、ウィジェットのリサイズ、ドロワーのグループ分けなど多彩な機能で人気のホームアプリだ。総合的な機能の充実度と使い勝手の高さから、昨年末のあんスマのアプリアワードでもホームアプリカテゴリの金賞に選ばれている。 だが、無料版は2010年末以来バージョンアップが無く、最近続々登場している美麗で多機能なホームアプリと比べると時代遅れな印象が漂っていた。 そんなADW.Launcherが久しぶりにバージョンアップし、Android4.0以降の標準ホームのデザインに近づくなど、全面的にリニューアルされたぞ。 便利な機能やカスタマイズ性は引き継ぎつつ、左右のページ遷移エフェクトやアイコンの文字色の変更機能などが加わってさらにパワーアップ。従来は上下スワイプだけだったジェスチャへの動作割り当ても、ピンチイン・アウトや二本指スワイプ ... 続きを読む
  • ドロワーをグループ化! カスタマイズ性の高い定番ホームアプリ「ADW.Launcher」

    「ADW.Launcher」はカスタマイズ性の高い定番のホームアプリだ。 ショートカットやウィジェットを配置するワークスペースは7つまで作成でき、アイコンを配置するマスの数は縦横それぞれ3~8の間で変更できる。ウィジェットは縦横のマス数を変更可能で、本来は1行のウィジェットを複数行で表示させたり、無駄に場所を取るウィジェットをコンパクトに表示させたりできるぞ。 よく使うアプリを登録して素早く起動できるドックバーは、1/3/5個のアイコンを設置可能な固定タイプと、スクロール式でいくつでもアイコンを設置できるタイプの2種類が用意されており、切り替えて利用可能だ。 ドロワーには複数のグループを作成でき、グループごとにアプリの表示の有無を設定できる。ドロワーの開閉などの動作は、ワークスペースやドロワーに設置したアイコンから呼び出せるほか、ワークスペースの上下スワイプなどに割り当てることも可能だ。・ADW.Lau ... 続きを読む
  • 使用時間の長いアプリはステータスバー非表示にして画面の焼き付きを防ごう

    画面上の同じ部分に同じ内容を表示し続けていると、その部分が画面に焼き付いてしまい、全画面で画像や動画を鑑賞しているときなどに跡が見えるようになってしまうことがある。Androidでは、白や黒などコントラストの強い配色で多くのアプリの使用中に表示されているステータスバーの部分が焼き付きやすい。 焼き付きを防ぎたければ、ステータスバーの表示を極力控えるといいだろう。ホームアプリやブラウザなど使用時間が長いアプリは、ステータスバーを隠して全画面表示するオプションがあるものを選択するといい。 ステータスバーを隠していても、「ssFlicker」などのサブランチャを呼び出したりすると、一時的にステータスバーを表示して通知や時刻などを確認できるぞ。多機能な定番ホームアプリ「ADW.Launcher」は、設定画面の「スクリーン設定」でステータスバー表示の有無を設定できる。日時や電波状態が分からないと不便だという ... 続きを読む