iconGoogle Translate | あんスマペディア

音声入力や手書き入力など多彩な機能を備えた翻訳アプリ

Freeware 公開元: Google Inc. ver. (2017/11/01)


関連記事

  • 「Google翻訳」がバージョン2.6でオフライン翻訳とカメラの縦書き認識に対応

    Androidアプリ版の「Google翻訳」がバージョン2.6にアップデートされ、Android 2.3以上の端末で、あらかじめ言語パッケージをダウンロードしておくことでネットに接続されていない状態でも翻訳を行なえるオフライン翻訳の機能が追加された。 今のところ日本語の翻訳の精度はあまり高くなく、肯定文と否定文を取り違えて反対の意味になってしまうことさえあるが、ドイツ語と英語などヨーロッパ系の言語同士ならそこそこの精度があるようだ。 また、手書き入力や音声認識、カメラ入力などの機能は、今のところオフラインでの利用はできないが、エラーメッセージの文面からすると今後対応する可能性があるようだ。 まだオンラインでの翻訳に比べると機能も精度も貧弱だが、データ通信料金がかさみがちな海外旅行中などに通信料金を節約しながら翻訳機能を利用できるのはありがたい。今回のアップデートでは、他にもカメラによる文字認識機能で日本語や中国語、 ... 続きを読む
  • スマホがあれば通訳なしで世界旅行が可能に!Google Translateの会話モードが日本語対応だ

    スマホがあれば世界旅行も通訳なしで一人で回ることが出来るようになるかもしれない。しかも無料で。Googleが13日に発表した所によると、Androidの人気アプリ「Google Translate」のアップデートを行った。これにより今年1月よりスペイン語と英語で有効になっていた「会話モード」の対応言語が増え、日本語をはじめフランス語、イタリア語、ドイツ語、ポルトガル語、オランダ語、ロシア語、チェコ語、トルコ語、中国語、韓国語、ポーランド語などが方言などの表現を含めて正式に対応した。今後は60言語以上対応する予定で、最終的には世界の300言語を網羅する目標がある。会話モードとは何かというと、いわばスマホを通訳のように使う事が出来る機能だ。スマホに向かって母国語で話をすると、通訳して欲しい言語にスマホが翻訳、音声機能を使って発声する。これにより、言語文化圏の異なる複数の人々がそれぞれの母国語だけでコミュニケーションが ... 続きを読む
  • 「Google翻訳」にカメラで写した欧文テキストを翻訳するOCR機能が追加!

    音声入力や手書き入力など多彩な機能を備えた「Google翻訳」に、カメラで写した写真のテキストをOCR(光学文字認識)技術で読み取って翻訳する機能が新たに追加された。 今までも「Google Goggles」を使えばOCRからの翻訳は可能だったが、翻訳アプリに組み込まれたことで、認識が上手く行かなかったらキーボードや手書きでの入力に切り替えるなど、よりスムーズに利用できるようになったぞ。 現在のところ、読み取り対象は英語やフランス語など文字種の少ないラテン文字を用いる言語に限られているが、ヨーロッパを旅行するときや輸入物の製品の説明を読みたいときなどには重宝しそうだ。 Googleドライブなどでは日本語の読み取り機能も実現できているので、いずれは他の言語にも対応するかも知れないぞ。・Google翻訳OCR翻訳を利用するには、まず左上 ... 続きを読む
  • Google翻訳に手書き入力機能が追加! 日本語や中国語など7つの言語に対応

    Google翻訳のAndroidアプリに新たに手書き入力機能が追加された。対応言語を翻訳元言語に設定すると手書きボタンが表示され、ボタンを押すと大きな描画スペースが表示される。 1文字入力するごとに候補から選択しなければならないなど、本格的な手書き日本語入力エンジンに比べると使い勝手はまだまだだが、漢字などもしっかり認識してくれるぞ。 現在のところ、日本語や中国語など7つの言語にのみ対応している。文字種が多くて文字の読み方などを知らないとキーボードからの入力が困難な言語から優先して実装されたためだろう。 中国の簡体字で書かれた看板が読めなくて困ったときなどに役に立つはずなので、中国へ旅行などに行く予定のある人はぜひ試してみよう。Google翻訳を起動したら、上部左側の翻訳元言語を、日本語や中国語など手書き入力に対応した言語に変更しよう。入力欄の右に現われるペンのアイコンを押すと、手書き入力モードに切り替わるぞ。 ... 続きを読む