iconNotification History | あんスマペディア

Limited 公開元: Evan He. ver. 1.8.12 (2018/09/22)


関連記事

  • LINEトークを既読にせず全文/全部読むための定番裏技アプリ「Notification History」

    LINEトークをLINEアプリ上で開くと、相手側で「既読」になってしまう。相手側で「既読」になることなく、トークを全部、全文読むための裏技アプリとして、最後に紹介するのは定番の「Notification History」だ。 最近登場した新しい裏技に比べると、定番裏技には、良い点と悪い点がある。これらを比べて、自分に一番合った裏技を利用するのが良いだろう。 まず、LINEの通知ポップアップを利用する裏技と比べると、定番裏技は、操作が簡単なことが長所だが、別途裏技用にアプリを導入する必要があることと、スタンプ(の絵)を見れないことが短所だ。 LINEのバージョンアップで強力に!「通知ポップアップ」で既読にせずにトークを読む 既読にせずにトークを読むため公式アカウントを使う!LINE最新最強の裏技はこれだ! 次に、最近話題の最新裏技アプリ「メッセージ通知履歴」と比べると、定番裏技は、Facebookのメッセージを「開封」に ... 続きを読む
  • LINEを「既読」にせずに全文/全トーク読める「Notification History」はLINEユーザー必携!

    LINEのメッセージ(「トーク」)には、相手が読むと「既読」になる、という機能が搭載されている。便利ではあるが、返信せずにいると、相手から見て「既読になっているのに返信が来ない!」となってしまう。返信を急かされているようでイヤだ。 この「既読」マークは、LINEアプリでトークを読んだ時点で付く。……と、いうことは、通知内でトークを読んでいる分には「既読」マークは付かない……のだが、このテクには二つの弱点がある。まず、長い文章だと、通知内には全文が表示されず、途中で切れてしまう、ということ。次に、複数のトークが順次届いた場合、通知内に表示されるのは最後に受信したトークだけ、ということ。その他のトークは一切読めないのだ。 「Notification History」を使うと、長いトーク、複数のトークを受信した場合でも、全文/全部を、「既読」にせずに読むことができるぞ。 「通知」でトークを読むテクと限界 LINEトークの受信時 ... 続きを読む