自宅で手軽にIoT!スマホで電源操作ができちゃうスマートコンセント!

ARやIoT、スマートスピーカー等、最近特に耳慣れない横文字を目にする機会が増えた。これまではスマホの端末側に焦点が当てられがちだったが、AIや技術の進化が進み、これからはソフト面がもっと充実していく時代になっていくだろう。Koogeekスマートコンセントは、そんな未来を少し体験できるアイテムで、スマホからコンセントの電源を操作・確認できる。

AppleのHomeKit対応!外出先からでもコンセントの操作が可能!

KoogeekスマートコンセントはUSBポートが3つとコンセントが3つついた電源タップ。1つのコンセントから合計6つの機器の給電が可能になるので、スマホの充電や家電をよく使うところのコンセントに設置すると大変役に立つ。

ただ、これだけだとコンセントもUSBも増やせる便利な延長ケーブルで終わってしまうが、Koogeekスマートコンセントのすごいところはそれだけではない。なんとWi-Fiを受信することができ、インターネット経由で繋がっている機器の状態を確認することができるのだ。できるのは確認だけにとどまらず、そのコンセントの電源をON/OFF切り替えできたりタイマー設定できたりと、まさにスマート家電を簡単に使うことができるのだ。地味にうれしいのが、消費電力を専用アプリから見ることができる機能。一体どの程度省エネできているのか可視化できるので節電にもつながる。

Homekitに対応しているので、スマホでの操作も簡単だ。使ったことのない方も、一度設定さえ済ませてしまえば数タップで家の家電をスマホから操作できるようになる。とはいえ、電源をONとOFF切り替えるだけで使えるような家電も最近は多くないので、繋げるものによっては工夫が必要になるかもしれない。しかし、わずか7,000円程度でIoTを楽しめるガジェットはほかにないので、興味のある方はぜひ使ってみてはいかがだろうか。

Amazon
Koogeekスマートコンセント HomeKit 遠隔操作 電力を監視 1800W AC120V 米国の規制 ホワイト


関連記事

2017年11月09日20時04分 公開 | カテゴリー: 端末・周辺機器・サービス | キーワード: | Short URL
このエントリーをはてなブックマークに追加

最新記事