どこでもホワイトボードを!壁や窓に貼って使うインスタントホワイトボード!

学校で先生が使うのは、黒板。黒板ではチョークを使うが、チョークは消すとき粉が飛び散ったり手が汚れたりと、ビジネスシーンではあまり使われない。その代わりよく使われるのがホワイトボードだ。ホワイトボードは専用のマジックで書けば何度も書いたり消したりできるので、打ち合わせなどの際に非常に役立つ。しかし、そのホワイトボードの欠点の一つがすぐ汚れてしまうところ。そんなホワイトボードをどこにでも用意できるのがどこでもシートだ。貼るだけで使えるので、もし汚れてしまったら貼りかえて使うこともできる。

壁に貼れば、書いているときも揺れない!醜くなってきたら貼り換えてまた使える!

どこでもシートは、その名の通りどこででも使えるホワイトボードシート。窓や壁、机などどこにでも貼って使えるので、貼ったところがホワイトボードになる。ホワイトボードなので、ホワイトボード用のマーカーを使えば何度も書いて消してができる。例えば打ち合わせをするときの板書としてどこでもシートを使えば、話し合いもスムーズに進むかもしれない。例えば机に敷けば、子どもの落書きスペースとして一緒に楽しく遊ぶこともできるかもしれない。プロジェクターと組み合わせれば、どこでもスクリーンにすることも可能だ。

よくあるホワイトボードは移動式のものが多く、移動式はそれはそれで便利なのだが、書くときに揺れて書きにくいのが難点だった。しかしどこでもシートで壁をホワイトボードにしてしまえば、書きにくいということもない。また、その他のホワイトボードの欠点が汚れやすい点。ホワイトボードは何度も書いて消してを繰り返していると、完全に消しきれずだんだんホワイトボードが黒ずんでしまう。それはどこでもシートでも一緒なのだが、どこでもシートの場合は貼り付けているだけなので、もし汚れてしまったらまた貼り直せばいい。そういう意味では、コスパも非常にいい。

ホワイトボードはスマホとの相性も良く、書いたものを写真に撮ってデータに残しやすい。どこでもシートを使って、家の中や職場で仕事の効率化を図ってはいかがだろうか。

Amazon
セーラー万年筆 どこでもシート

楽天
【送料無料】セーラー/どこでもシート 25シート入/31-3800-000【あす楽対応】

関連記事

2017年04月30日08時55分 公開 | カテゴリー: 端末・周辺機器・サービス | キーワード: | Short URL
このエントリーをはてなブックマークに追加

最新記事