ポケモンGOと並行して進められる!Walkrを遊んでみよう


家から最寄りの駅まで歩いて30分かかるんですね。なので、いつも晴れの日はチャリ、雨の日は車で送ってもらってたりするわけです。仕事はデスクワーク。1日中座ってパソコンいじってるのが仕事。あくる日から突然痔に悩まされるようになり…、ボラギノールぬりぬり。わたしゃおっさんか!!辛いわ!って力むと痛いわ!って感じだったんですね。もはや完全なる運動不足。辛い。でも運動って何したらい〜の?仕事して帰って飯食って寝るだけの生活…どこに運動を入れる隙間があるっていうんだ…ピカーン!せっかく駅まで歩いて30分かかるんだから、歩けばいいじゃん!!って思い立ち、なるべく歩くようにしました。そしたらあら不思議。痔じゃなくなったんですYO!おしりも快適。あなどるなウォーキング。でも歩くって言ってもひたすら歩くだけじゃーつまらない。私の場合、歩くときは必ずポケGOをONにしてテクテク歩いています。でもさあ、ポケGOってアプリを表示して歩かないといけないから、他のこと何もできないじゃんね?!っていうのが不満ポイントなのです。せっかくスマホ持ってるんだから他のアプリも楽しみたい〜と思っている人もいるんじゃないかと思います。そんな人はゲーム「Walkr」を遊んでみましょう!私はポケGOとWalkrをウォーキングを楽しむ2大ゲームとして重宝しております…。

Walkrとは?


Walkr」は、超ざっくり言うと宇宙探索をするゲームアプリです!プレイヤー、つまりあなたは宇宙飛行士です。宇宙探索機を飛ばすと、宇宙に潜む新たな惑星の探索をすることができます。そうして発見した惑星はあなたの植民地。そこの住人を働かせてコインを稼ぎ、新たな惑星探索へ出かけましょう!…というゲーム…だよね…?とにかく惑星の住人の生産物を売り飛ばしてコインにして、それを元手に宇宙を開拓していくゲームなんです。「Walkr」に出てくる惑星はすべて超個性的。惑星の住民もコミカルで可愛い見た目をしています。惑星の数は全部で84個あるらしい。見た目がキモカワイイから、どんどん他の惑星も探したくなっちゃうこと間違いなし!

どうやって遊ぶの?


Walkr」は基本待ちのゲームです。やることは、
①宇宙を探索して惑星を探す
②惑星の住民に食料を供給する(食糧供給庫を作る)
③惑星をレベルアップさせる
レベルアップするたびに、惑星がちょっとずつ豪華になっていきます
①〜③を完了させるのに、リアルな時間がかかります。例えば惑星探索でいくと、最初の頃は数時間で終わるけど、どんどん惑星の数が増えていくと、次の惑星の探索に丸1日以上かかることもあります。そこでカギとなるのが「エネルギー」システム。プレイヤーが歩いて稼いだ歩数がそのままエネルギーに変換されるのです。たぶん、遊んでの感覚だけど、1歩=1エネルギーだと思われる。なので、1万歩歩くと1万エネルギーが溜まります。そのエネルギーはというと、①〜③の作業をブーストさせて時間短縮させるために使えます。次の惑星見つかるまでに何もしなきゃ数時間かかるのが、エネルギーを使えば発見を早めたり、即刻発見することができるのです。で、この歩いた歩数だけど、これはアプリを閉じた状態で歩いた歩数もカウントされます。だから、いつも歩いてるときはポケGOやってポケモン捕まえたりポケストップ回したりして、駅について電車に座ったらWalkr開いてブーストしたり惑星のレベルアップしたりしてます。

惑星をたくさん見つけたらミッションに挑戦してみよう!


Walkr」にはミッションという要素もあります。そのミッションが要求する惑星を見つけたら、挑戦することができます。なので始めてすぐはできないのね。ミッションをクリアすると、エネルギーキューブというのがもらえます。このエネルギーキューブは歩いて得られるエネルギーの代わりにもなるし、宇宙船を新調するために必要だったりするのね。普通にリアルマネーを払って買うこともできるけど…、そんなにお金に余裕がない庶民はぽちぽちミッションを進めてエネルギーキューブをゲットしましょう。

健康やダイエットにウォーキングがいいっていうけど、モチベーションがないと続かないよねえ。私の場合は、こういったゲームが、歩く上で非常に大きな動機付けとなっています。痔で悩んでる人ー!!歩き始めたらそのおしり、楽になるかもしれないよ…。さあ!外に出て歩こう!

Walkr


文:さえぽん
ゆるいアラサー。あんスマでは主にアプリやウェブサービスの紹介記事を担当。
趣味はウクレレ、フラメンコ。ウクレレ弾き語り情報ブログもやっています。
http://jazz-ukulele.com

関連記事

2017年02月15日21時35分 公開 | カテゴリー: エンターテインメント | キーワード: | Short URL
このエントリーをはてなブックマークに追加

最新記事