【まとめ】今ならSSLが無料!暗号化通信対応でセキュリティ万全のショッピングサイトを構築する

ショッピングサイトで気になるのがセキュリティ。ユーザーの信頼を得るには、ぜひともSSLによる暗号化通信に対応しておきたい。「お名前.com」のVPSを利用すれば、「.shop」ドメインに0円でSSLを設定することが可能となる。今回はVPSと、共用サーバーSDにSSLを設定する方法をそれぞれまとめたぞ。

 

 
■ ショッピングサイトで欠かせない「暗号化通信」

ショッピングサイトで、クレジットカードなどのオンラインで重要な顧客情報をやり取りする場合には、信頼性の担保が何より重要になる。そんなときはSSLを利用して、サイトとのやり取りを暗号化するのが基本だ。
お名前.com」では、VPS(仮想サーバー)を利用することで、「.shop」ドメインでSSLを0円で登録できるキャンペーンを行っている。さらに、0円での登録にこそ対応していないものの、共用サーバーSDではよりシンプルな操作でSSLを設定することが可能。VPSにCMSを導入して大規模なショッピングサイトを構築したい人だけでなく、使い慣れたレンタルサーバーでショッピングサイトを作ってみたいという人にとっても、嬉しいサービスとなっている。
SSLを導入したいけど、難易度が気になって二の足を踏んでいるという人は、ぜひこの機会に利用を始めてみよう。


■ VPS+「.shop」ドメインでSSLを設定する

VPSでECサイト向けCMSを導入してショッピングサイトを構築した際には、安全な通信を行うために、ぜひともSSLを導入しておきたい。「お名前.com」では、取得した「.shop」ドメインに、VPSで生成したCSR情報を登録することで、SSLサーバ証明書を発行することができる。


詳しくは前回記事のコチラ→ショッピングサイトに最適!「.shop」ドメインのSSLサーバ証明書を無料で発行


■ 共用サーバーSD+「.shop」ドメインでSSLを設定する

VPSでのSSLの設定は敷居が高い、という人にオススメなのが、「お名前.com」が提供している「共用サーバーSD」を利用したSSLの設定だ。こちらはVPSと違って秘密鍵や公開鍵の生成、CSR情報の登録といった難易度の高い作業は一切不要。簡単な必要情報の入力だけでSSLを利用できるぞ。



詳しくは前回記事のコチラ→簡単にサイトの通信を暗号化!共用サーバーSDの独自SSL機能を利用する


ショッピングサイトにSSLを設定するメリットは、セキュリティの向上だけではない。Googleでは、検索順位の評価にSSLの有無を取り入れることを公式に発表しており、SSLで暗号化通信に対応したサイトは、検索結果の上位に表示されやすくなる。SEO対策という意味でも、SSLは効果を発揮するだろう。
これからショッピングサイトを構築するなら、「.shop」ドメインとSSLの組み合わせで、安心して利用できる環境を構築しよう。



関連記事

2016年12月20日16時14分 公開 | カテゴリー: 端末・周辺機器・サービス | キーワード:, | Short URL
このエントリーをはてなブックマークに追加

最新記事