塗料とマスキングを駆使してボールに模様を浸けていくパズルゲーム「factory balls」

「factory balls」は、ボールを塗料に浸けて着色していく作業をモチーフにしたパズルゲームだ。各ステージには塗料の他に様々な形のマスキング道具が用意されており、マスキングしてから塗料に浸けることで特定の範囲を除いた部分を着色できる。この工程を繰り返して、ボールを見本と同じ状態にすればステージクリアだ。
最初の内は簡単なステージが多いが、先の方のステージになるとアイテム数や工程数が増えて、どんどん複雑になっていく。限られたマスキングパターンの組み合わせだけで多彩な絵柄が出来上がるのが面白い。
道具のアイコンをタッチするだけの簡単な操作でプレイできるので、ちょっとした空き時間などに気軽に遊べるだろう。
合計80のステージが収録されているAndroidアプリ版は、Google Playストアでは通常価格130円、Amazonアプリストアでは通常価格100円の有料アプリとなっているが、Amazonアプリストアで7月11日の「本日限定無料アプリ」として無料で入手可能になっているので、興味がある人はこの機会にゲットしよう。
また、パソコンのWebブラウザ上で遊べる無料のWeb版も公開されているので、試しに遊んでみたい人はこちらをチェックするといいだろう。

Amazon.co.jp: factory balls: Android アプリストア

factory balls - Google Play の Android アプリ

Factory Balls, a Bart Bonte game

Factory Balls 2, a Bart Bonte game

Factory Balls 3, a Bart Bonte game

Factory Balls 4, a Bart Bonte game

Factory Balls, the Christmas edition, a Bart Bonte game


001

各ステージのゲーム画面が表示されたら、マスキング道具のアイコンをタッチして取り付け、塗料のアイコンをタッチして着色を実行させよう。


002

マスキング道具は、再度タッチすることで取り外せる。このように、マスクしていなかった部分にだけ色が付くぞ。


003

箱に書かれている見本と同じ状態のボールが出来上がるとステージクリアとなり、次のステージがプレイ可能になる。


004

マスキング道具は、このように複数同時に付けることも可能だ。大きいものの上から小さい物を付けることは出来ず、外すときは最後に付けた物から順番に外す必要があることに注意しよう。


005

一部のステージには、耳や口を付ける道具も登場する。伸ばした部分には色が付かなくなるので、実行する順番に注意しよう。失敗して修正不能になってしまった場合は、ゴミ箱のアイコンで最初からやり直せる。どの状態からでも重ね塗りしていくことで正解に辿り着けるステージでは、ゴミ箱は登場しないぞ。


006

ギザギザの模様をつける大小の帽子など、様々なマスキング道具が登場。先の方のステージは、アイテムが増えて手順も複雑になっている。


007

塗料の代わりに種と如雨露が用意されているステージもある。芝生の種は撒いてから如雨露で水をやると黄緑→緑→茶と変化し、花の種は撒いてから水をやると2段階成長した後消滅するので、見本通りの状態になるように順番を工夫しよう。

関連記事

2015年07月11日08時02分 公開 | カテゴリー: エンターテインメント | キーワード:, | Short URL
このエントリーをはてなブックマークに追加

最新記事