いろいろな角度から富士山が見られる「富士山ビューワー」 リリース開始

VoxcellDesignは、スマートフォン専用アプリ「富士山ビューワー」の提供を開始した。「富士山ビューワー」は富士山周辺の約50km四方の地形を立体化し、タッチ操作でさまざまな角度・大きさで閲覧することができるアプリ。実際に富士山を撮影する前に、さまざまな条件をシュミレーションして撮影に臨むことができる。アプリはAndroid 2.3 以上のAndroid端末とiOS 7.1 以降のiPhone(5/6/6 Plusに最適化)/iPad/iPod touchに対応する。なお、価格はAndroid版が無料(広告つき)。iOS版が有料で120円となる。

約50km四方の地形を3Dグラフィックで再現・タッチ操作にも対応

「富士山ビューワー」では、富士山周辺の、約50km四方の地形が3Dグラフィックで再現され、好きな視点から閲覧することができる。

ピンチ操作での拡大・縮小、スワイプで視点移動にも対応する。また、西暦、月、日、時間を自由に設定することも可能。太陽や月が連動して動くので、富士の来光や薄明のタイミングをチェックすることもできる。

実際の時間よりも120倍早く時が進み、日の出/日の入りのチェックに使える「Time Lapse」、夜間時の街の光をオン/オフできる「City Lights」、湖などの名称をオン/オフする「Landmarks」といった機能も備える。

対応OSはAndroid 2.3 以上iOS 7.1 以降。Android版はGoogle Playから無料でダウンロードできる。(※iOS版が有料で120円かかる。)

富士山ビューワー - Google Play の Android アプリ

関連記事

2015年05月25日08時00分 公開 | カテゴリー: 端末・周辺機器・サービス | キーワード:, | Short URL
このエントリーをはてなブックマークに追加

最新記事