マナーモード時でも重要な着信や起床時間を知らせる「おもてなし電話&アラーム」

会議室や映画館などで他の人へ迷惑をかけたくないときや、睡眠や作業を邪魔されたくないときは、携帯電話の音量設定でマナーモードに切り換えておけばいい。だが、重要な連絡まで通知されなくなってしまっては困ることがある。
そんなときに役立つアプリが「おもてなし電話&アラーム」だ。あらかじめ選択しておいた重要な相手からの着信時に、端末の音量設定に関係なく着信音を鳴らすことができるぞ。
この手の呼び出し音制御アプリはいくつか存在するが、本アプリは目覚まし時計機能が一体になっているのが珍しい。目覚ましのアラーム音もマナーモード中でも鳴るようになっており、着信音制御機能と一括してオン・オフしたり、特定の時間帯だけ有効に設定できるのが便利だ。電話は完全にオフにしていたのに目覚ましが鳴ってしまうとか、両方オフにしたのはいいけど片方を戻すのを忘れてしまうなんてミスを回避できるだろう。

おもてなし電話&アラーム☆今までになかった着信、目覚まし時計 - Google Play の Android アプリ


001

初回起動時は機能がオフになっているので、「おもてなしモード(on/off)」の横のスイッチをタッチして有効に切り換えよう。


002

「スタート時間」「エンド時間」で、呼び出し音量制御を有効にする時間の範囲を選択できる。


003

上部の受話器のアイコンで、電話の着信音を強制的に鳴らしたい相手の選択画面が表示される。登録済みの項目は、右側の「-」を押せば削除可能だ。


004

右上の「+」を押すと連絡先選択アプリが起動し、選択した電話番号を対象に加えられるぞ。


005

おもてなしモードが有効になっている間に登録した電話番号から着信があると、マナーモードなどが一時的に解除され、強制的に呼び出し音が鳴らされるぞ。


006

アラーム機能を利用するには、メイン画面右上の目覚まし時計のアイコンでアラーム設定画面に切り換え、「アラームモード(on/off)」」をタッチして有効に切り換えよう。


007

アラームを鳴らす時刻の他、曜日も選択できる。


008

「アラーム音選択」を押せば、通知音選択アプリが起動し、好きなアラーム音を選択できる。


009

スヌーズの間隔や鳴り止むまでの時間なども設定可能だ。


010

設定した時刻が来ると、マナーモードなどが一時的に解除され、このような画面でアラームが鳴り出すぞ。

関連記事

2014年12月30日06時57分 公開 | カテゴリー: ソーシャル | キーワード: | Short URL
このエントリーをはてなブックマークに追加

最新記事