【定番アプリ】ZXing Teamの「QRコードスキャナー」はスキャンが超高速

WebページのURLや連絡先情報などのデータをプログラムで読み取りやすい2次元の配列に変換した「QRコード」は、URLを書籍や看板に掲載するときや、知り合った人に連絡先を教えるときなど、様々な場面で利用されている。
大抵のスマホには、QRコードを読み取ってURLをブラウザで開いたり連絡先を登録したりするアプリがプリインストールされているが、認識処理の出来が良くなくて、角度や距離を調節したり手ぶれを抑えてやらないと読み取れない場合がある。
もっと素早くQRコードからURLや連絡先を読み取れるようにしたければ、ZXing Teamの「QRコードスキャナー」を導入しよう。多くのアプリで使われているQRコード認識処理エンジンの開発元が作っている定番アプリだけあって、認識処理の動作が非常に速く、適当に枠内に収めるだけでもあっさり認識が完了するぞ。

QRコードスキャナー - Google Play の Android アプリ


001

端末に標準搭載されているQRコード読み取りアプリは、QRコードを枠に収めてもなかなか認識してくれないことが多くてイライラする。


002

ZXing Teamの「QRコードスキャナー」は、認識処理がかなり高速・高性能。枠に収めたと思ったら即座に認識されるので、認識させようとしている状態の画面写真を撮るのが難しいほどだ。
認識されたURLは、ブラウザで開いたり、「共有」対応アプリに受け渡せるぞ。


003

QRコードスキャナーの最近のバージョンでは、認識したURLのタイトル等が自動取得されて表示されるが、余計な通信処理が生じるのが気になるという場合は、メニューから設定画面に進み、「詳細情報を取得」をオフにしておこう。


004

設定画面では、カメラの制御方法なども調節できる。設定次第では、更に認識性能を向上させられるかも知れないぞ。


005

なお、スキャンが完了した後「ブラウザで開く」をタップしたり、ブラウザを閉じた後スキャナーアプリの画面を閉じるのが面倒くさい場合は、あんスマが作成した「ScanAndView」を試してみよう。実行するとQRコードスキャナーが起動し、URLを認識すると即座に開く操作が実行されるぞ。

ScanAndView - Google Play の Android アプリ


関連記事

2014年10月17日17時57分 公開 | カテゴリー: 便利化・快適化 | キーワード:, | Short URL
このエントリーをはてなブックマークに追加

最新記事