決定的瞬間を逃さない!素早く動画撮影を開始できるアプリ2選

スポーツの試合や動物など、動きのある被写体を撮影するときは、写真よりも動画の方が向いている。写真だと狙って撮るのが難しい瞬間も、動画ならばフレームに収めている限り全て記録可能だ。最近のスマホなら、フルHDや4Kなど高解像度での撮影が可能なので、後から編集ソフトでフレームを抜き出せば、写真の代わりとしても十分だろう。
だが、端末標準のカメラアプリは、起動してから動画の撮影モードに切り換えるなどの手順が必要なことが多く、操作している間に決定的瞬間を逃してしまう恐れがある。
少しでも速く動画を撮影したければ、「Record One Click」というアプリを試してみよう。起動すると即座に動画の撮影が開始されるぞ。画面をタッチすると録画終了し、動画の削除や名前の変更、「共有」対応アプリへの受け渡しが可能だ。
また、カメラアプリを動画撮影モードで起動する「Camcorder Shortcut」というアプリも存在する。起動してから録画ボタンを押すなど多少手間は多くなるが、LEDライトの点灯や録画しながらの写真撮影など、カメラアプリ次第では多彩な機能を利用できるぞ。

Record One Click - Google Play の Android アプリ

Camcorder Shortcut - Google Play の Android アプリ


001

カメラアプリの動画撮影は、アプリ起動後にモード選択画面を呼び出し→動画モードを選択→録画ボタンを押すなどの操作が必要で、必要なときに素早く実行できない場合がある。


002

最速で動画撮影できるように、Record One ClickやCamcorder Shortcutのショートカットをホーム画面の分かりやすい場所に設置しておこう。


003

Record One Clickを起動すると、即座に録画が開始される。


004

画面をタッチすると録画が終了し、このような画面が表示される。必要に応じて入力欄の保存ファイル名を変更し、「Save」を押して保存を実行させよう。失敗した場合は、「Cancel」を押せば破棄される。
ファイルは「/sdcard/Pictures/RecordOneClick」フォルダに保存されるぞ。


005

保存後に右上に表示される「Share」を押せば、動画ファイルの「共有」に対応したアプリの一覧が表示され、メールに添付して送ったり、SNSや動画共有サイトにアップすることも可能だ。


006

Camcorder Shortcutは、実行するとカメラアプリが動画撮影モードで起動する。起動してから録画開始ボタンを押す必要があることが多いが、通常の手順だと起動してから2タッチ以上必要な場合は、こちらの方が素早く録画できるぞ。

関連記事

2014年10月12日11時05分 公開 | カテゴリー: マルチメディア | キーワード:, | Short URL
このエントリーをはてなブックマークに追加

最新記事