球体の列に球を撃ち込み、色を揃えて消すシューティング系パズル「Sparkle」

「Sparkle」は、レールの上を進んでくるオーブと呼ばれる球体の列に、固定砲台からオーブを撃ち込んで割り込ませ、同じ色を3つ以上連続させることで消滅させていくというルールのシューティングパズルゲームだ。消えたオーブの前後が繋がり、同じ色が3つ揃うと連鎖が発生。3連鎖ごとに様々な効果を持つお助けアイテムが出現する。オーブの列が終点の穴に辿り着いてしまうとゲームオーバーだ。
オーブを消すだけなら、手元のオーブと同じ色が続いている箇所を撃つだけでいいのだが、オーブの侵攻速度が速くなる後半のステージは、1つずつ消していたのでは間に合わない。上手く連鎖を起こして出現したアイテムを活用していかなければならず、素早く的確な判断が必要となってくるぞ。
様々なステージを順にクリアしていくクエストモードがメインだが、好きなステージをプレイ出来るチャレンジモードや、どれだけ長く生き残れるかを競うサバイバルモードも用意されている。クエストの途中では、様々な効果を発揮する護符を入手でき、好みの護符を装備してプレイ可能だ。
Google Playストアでは、第1作の広告付き無料版「Sparkle Free」の他、通常価格339円の無広告板や通常価格549円の「Sparkle 2」、序盤のステージを無料でプレイでき、通常価格679円のアプリ内課金で全ステージがプレイ可能となる方式の3作目「Sparkle Unleashed」が公開されている。
Amazonアプリストアでは、9月23日の「本日限定無料アプリ」として、通常価格499円の「Sparkle 2」が無料でダウンロード可能となっているので、興味がある人はこの機会にゲットしよう。また、Amazonアプリストアでは第1作も156円とPlayストアよりお買い得になっている。

Sparkle Free - Google Play の Android アプリ

Sparkle - Google Play の Android アプリ

Sparkle 2 - Google Play の Android アプリ

Sparkle Unleashed - Google Play の Android アプリ

Amazon.co.jp: Sparkle 2: Android アプリストア

Amazon.co.jp: Sparkle HD: Android アプリストア



001

ステージを開始すると、レールの外側からオーブの列が迫ってくる。画面をタップすると、その方向に向けて砲台からオーブが発射され、列に当たるとその位置に割り込んで加わるぞ。


002

発射したオーブによって同じ色のオーブが3つ以上揃うと消滅。消滅した前後のオーブは引き合って繋がり、そこで3つ以上の繋がりが出来れば連鎖して消滅する。


003

砲台には3つのオーブが装填されており、タップすることで2番目のオーブと入れ替えが可能。同じ色のオーブを狙えるオーブが全く無い場合は、不要なオーブを何も無い方向に発射して捨ててしまうという手もあるぞ。


004

3段以上の連鎖が発生するごとに、このようなアイテムが出現。オーブを当てれば獲得できるが、アイテムはオーブの列の後ろに出現するので、列が再度繋がって射線を塞がれる前に急いで取ろう。


005

アイテムを取ると、マークに応じた様々な効果を発揮する。効果には、オーブを直接消滅させるもの、色を揃えやすくしてくれるもの、オーブの進行を抑えるものなどがあるぞ。


006

一部のアイテムを取ると、砲台に特殊な球が装填される。砲台をタッチして入れ換えれば、温存することも可能だ。


007

画面上のオーブがある程度減ってくると増援のオーブ列が現われるが、クエストモードやチャレンジモードでは一定量のオーブを迎撃するとレールの入口にバリケードが敷かれ、増援が途絶える。この状態で残っているオーブを全滅させればステージクリアだ。


008

クエストモードでは、様々なステージを順番にクリアしていくことになる。途中には分岐点もあるが、どちらを選んでも最終的に全てのステージをプレイすることには変わりないぞ。


009

ステージが進むと、2つのレールを同時に防衛しなければならないステージなども登場。オーブの色数も増えたりして、徐々に手強くなっていく。


010

クエストモードを進めると、プレイを有利にする効果を持った様々な護符が手に入る。マップ画面の左下のアイコンで装備選択画面に進み、4つの部位ごとに選択して装備できるぞ。


011

クエストモードが進むと、ゲームオーバーにならずにどれだけ生き延びられるかを競うサバイバルモードや、好きなステージをプレイ可能なチャレンジモードがプレイ可能となる。全て制覇しようとするとかなりのボリュームだ。

関連記事

2014年09月23日11時19分 公開 | カテゴリー: 便利化・快適化 | キーワード: | Short URL
このエントリーをはてなブックマークに追加

最新記事