Microsoft OneDriveで15GBの追加容量を無料で入手できるキャンペーン

Microsoftが運営するオンラインストレージサービス「OneDrive」で、9月末までにモバイルアプリの「カメラバックアップ」機能を有効化することで15GBのストレージ容量が無料で追加されるキャンペーンが実施されている。現在のOneDriveでは、無料ユーザーの基本容量は15GBとなっており、一挙に2倍への大幅増量となる。
端末の空き容量を大量に必要とする「iOS 8」のリリースに伴うキャンペーンとのことだが、Android版のOneDriveユーザーでも利用可能だ。
無料のオンラインストレージというと、容量が少なくて大した使い道が無いことが多いが、30GBもの容量があれば、動画や大量の画像などのバックアップ先として十分役に立ちそうだ。オンラインストレージに興味が無い人も、この機会にアカウントの作成だけでも行って、追加容量をゲットしておくといいだろう。

OneDrive (旧 SkyDrive) - Google Play の Android アプリ



001

既存のMicrosoftアカウントにブラウザでログインしたところ、モバイルアプリ設定前の容量は15GBだった。初期の登録者は無料版の容量が25GBになっていることもある。


002

OneDriveのAndroidアプリをインストールし、Microsoftアカウントでログインしよう。アカウントを持っていない人は、あらかじめ登録しておくといいだろう。

新規登録 - Microsoft アカウント


003

ログインが完了すると、カメラバックアップを有効にするかという問い合わせ画面が表示されるので「オンにする」を押そう。


004

前の画面ではボーナス容量の表示が通常時の3GBになっていたが、設定画面の「個人」欄で確認すると、容量が30GBに増えていたぞ。


005

カメラバックアップのオン・オフは、設定画面でいつでも変更可能だ。追加された容量は、カメラバックアップを無効にしたりOneDriveアプリをアンインストールしても利用し続けられるようだ。

関連記事

2014年09月22日19時48分 公開 | カテゴリー: 節約・お得情報 | キーワード:, | Short URL
このエントリーをはてなブックマークに追加

最新記事