新電子コミック誌「少年ジャンプ+」創刊!アプリ版はオフライン閲覧にも対応

週刊少年ジャンプなどの出版元である集英社は、9月22日に新たな電子コミック雑誌「少年ジャンプ+」を創刊した。AndroidやiOSで利用できるモバイルアプリ版の他、パソコンのブラウザからアクセスできるWeb版も完備。アプリ版では、Wi-Fi接続中にバックグラウンドで誌面をダウンロードして、インターネットに接続していないオフライン状態でも閲覧可能だ。
人気作家の読み切りや週刊からの移籍連載、名作の復刻連載をはじめ、25もの作品が日替わり更新で配信され、最新話は無料で閲覧可能だ。
また、週刊少年ジャンプ本誌のデジタル版も提供される。こちらは各号300円の有料配信で、冊子版の255円より割高となっているが、月額900円の定期購読プランなら120円ほどお得になる。買いに行く手間が無く保管スペースも取られないので、毎号購読している人なら重宝しそうだ。
なお、ジャンプ+は「ジャンプBOOKストア!」のリニューアル版となっており、既存のBOOKストアアカウントで利用可能だ。ただし、週刊少年ジャンプの閲覧はジャンプ+アプリ、単行本の閲覧はジャンプBOOKストアアプリと分かれて少々ややこしくなっている。
また、「ジャンプLIVE」は統廃合となり、端末上のアプリをアンインストールすると過去に購入した書籍は閲覧できなくなってしまうとのことなので注意が必要だ。

少年ジャンプ+

少年ジャンプ+ ジャンプの漫画が無料で読めるマンガ雑誌アプリ - Google Play の Android アプリ

週刊少年ジャンプアプリ増刊『ジャンプLIVE』公式WEB



001

Web版では、ブラウザでアクセスして各作品の「最新話を読む」をクリックすれば、すぐに無料で作品を閲覧可能だ。


002

モバイルアプリ版も、同様にトップ画面に作品一覧が並び、読みたい作品をタッチすれば閲覧できる。


003

閲覧画面では、画面端のタッチやドラッグでページめくり、二本指でのピンチ操作で拡大縮小など、スムーズな操作が可能だ。


004

作品を開くとバックグラウンドでダウンロードが開始され、オフライン状態でも閲覧できるようになるぞ。


005

なお、ジャンプ+創刊記念として9月13日発売の週刊少年ジャンプ42号が期間限定で無料配信となっている。右上の「…」から進めるニュースページから利用可能だ。最新号ではないが、買い逃した人や端末上で手軽に読み返したい人は要チェックだ。

関連記事

2014年09月22日18時09分 公開 | カテゴリー: エンターテインメント | キーワード:, | Short URL
このエントリーをはてなブックマークに追加

最新記事