多機能ながら大きなボタンで使いやすい電卓「Advanced Calculator」

Advanced Calculator」は、シンプルさと多機能さを両立させた電卓アプリだ。
メイン画面は0~9、+-×÷=、小数点、消去ボタンという基本的なボタンのみだが、画面を左右にフリックすることで、累乗や平方根、三角関数や対数などのボタンが並んだAdvancedパネルに切り替わる。
また、2進数や16進数の変換やグラフの描画、行列の演算などの機能を利用できるパネルも用意されている他、履歴から計算履歴を表示して過去の計算結果を利用することも可能だ。
機能は充実しているが、メイン画面は非常にシンプルで、ボタンも大きく押しやすい。普段は基本的な計算しかしないので余計なボタンは要らないが、高度な計算をしたくなることもあるかも知れないという人におすすめだ。

Advanced Calculator - Google Play の Android アプリ


001

Advanced Calculatorを起動すると、このような画面が表示される。計算式を入力して「≡」を押せば、計算結果が表示されるぞ。なお、「削除」の長押しで全消去が可能だ。


002

画面を左にドラッグすると、累乗(^)や平方根、三角関数や対数、ネイピア数などが並んだAdvancedパネルが表示される。sin、cos、tanを長押しすると、各関数の逆となるアークサイン、アークコサイン、アークタンジェントを入力できる。
累乗などはちゃんと上付き文字で表示されるので見やすくなっているぞ。


003

画面を右にドラッグすると表示されるHexパネルは、2進数や16進数と10進数の変換を行える。「Hex」を選択すると、ABCDEFで16進数の9より上の数を入力可能だ。「Dec」や「Bin」を選択し直せば、基数変換が行われる。


004

一番左側の画面はグラフパネル。AdvancedパネルでXやYを使って入力した式のグラフが表示されるぞ。


005

一番右側の画面は、行列の演算を行えるパネルだ。


006

「削除」ボタンの左のバーを下にドラッグすると、計算履歴が表示され、選択した計算結果を入力できる。履歴を表示したままでも四則演算のボタンは使用可能。履歴表示中にメニューボタンでメニューを表示すれば、履歴の消去できるぞ。


007

メニューボタンで表示されるメニューの「Settings」で表示できる設定画面では、不要なパネルを非表示にしたり、細かな挙動を変更できる。


008

なお、ホーム画面やロック画面にウィジェットを設置する機能も用意されている。こちらは基本的な四則演算しか出来ないが、頻繁に計算を利用する人なら重宝するかも知れない。

関連記事

2014年09月19日22時08分 公開 | カテゴリー: ライフハック | キーワード:, | Short URL
このエントリーをはてなブックマークに追加

最新記事