ミニゲームやムービーが充実した海底施設探索アドベンチャー「Abyss: エデンの怒り」

「Abyss: エデンの怒り」は、行方不明になったダイバーを探して謎の海底施設を探索するアドベンチャーゲームだ。画面をタッチすることで場所を移動したりアイテムや手がかりを探し、ロックされた扉などの障害を取り除いて探索範囲を広げていくというオーソドックスなスタイル。海外製のゲームだがテキストはバッチリ日本語化済みだ。
要所にはパズルなどのミニゲームが用意されている他、ボイス付きのムービーシーンも随所に挿入され、ボリューム満点の作りとなっている。
Google Playストアでは序盤まで無料でプレイ可能でアプリ内課金で全編をアンロックする方式、Amazonアプリストアでは通常価格521円の有料アプリとして公開中。
Amazonアプリストアでは、「3日間限定 合計15,000円以上のアプリが無料」キャンペーンの一つとして、9月28日まで無料でダウンロード可能となっているので、アドベンチャーゲームが好きな人などは要チェックだ。

Amazon.co.jp: Abyss: エデンの怒り (Full): Android アプリストア

Abyss: エデンの怒り - Google Play の Android アプリ




001

メインとなる探索パートでは、画面上の気になる部分をタッチして、アイテムや操作できる部分、移動できる場所を探そう。手前の方向に戻るには、「インベントリー」の上あたりをタッチすることで表示される矢印を押せばいいぞ。


002

何かがある場所をタッチすると、このようなウィンドウでクローズアップされることがある。ここでは、前の画面に戻るには右上の×ボタンを押そう。


003

アイテムを手に入れると「インベントリー」に追加される。アイテムを適切な場所にドラッグすれば、アイテムを使って仕掛けを動かしたり障害を取り除くことができる。


009

謎解きの手がかりとなる文書もあちこちに配置されている。文書内のテキストも完全に日本語化されているぞ。


010

物語が進むときには、フルCGのムービーが流れることも。ボイスは英語だが、日本語字幕が用意されているぞ。


004

随所には様々なパズルゲームが仕掛けられている。


005

また、画面上から指定のアイテムを探し出す「Hidden Objects」というミニゲームもあちこちにあちこちに登場する。画面は二本指でのピンチ操作で拡大縮小可能だ。


006

本作のHidden Objectsには、道具を対応する場所にドラッグして鍵を開けるなどの操作をすることで探索可能箇所が増える部分が存在する。発見可能になるまでに追加の操作が必要なアイテムは、水色の文字で表示されるぞ。


007

Hidden Objectsが面倒な場合は、左下の「ドミノ」から独特のパズルゲームをクリアすることでスキップ可能だ。同じ絵柄のピースが隣り合うようにドミノ牌をドラッグして配置し、全ての木のマークの上に牌を置くとクリアだ。牌はタッチで回転させられる。また、何も書かれていないピースはどの絵のピースとも隣り合わせられるぞ。


008

Hidden Objectsかドミノゲームをクリアすると、先に進むために必要なアイテムを手に入れられる。なぜHidden Objectsで色々なアイテムを探すことでこれらのアイテムが手に入るのかよく分からないが、ガラクタの中から役立ちそうなものを探す過程を再現しているものとでも思っておけばいいだろう。

関連記事

2014年09月28日07時28分 公開 | カテゴリー: エンターテインメント | キーワード: | Short URL
このエントリーをはてなブックマークに追加

最新記事