Google+が実名制を撤廃!安心してアプリレビューを書けるぞ

Googleが提供するSNS(ソーシャルネットワークサービス)である「Google+」が、実名での登録を求めるポリシーを撤廃すると発表した。

SNSなどに実名で書き込みを行っていると、家族やリアルでの知人に発見される可能性があるので、知人に知られたくない趣味などについて書き込むのは躊躇われる。
Facebookなどの他のSNSは、実名表示が嫌なら使わなければいいだけだが、Googleの他の様々なサービスとも連動するGoogle+では事情が異なる。Google PlayストアやYouTubeのコメントなど、Google+での氏名が表示される他の機能まで、利用を断念しなければならなかったのだ。
本人確認などは特に行われないので、本名っぽい名前ならば偽名で使うことも出来たが、絶対に大丈夫という保証は無い。万が一アカウントを停止され、Googleの他のサービスまで使えなくなってしまったら大変なので、偽名でも安心して利用できなかった。

実名制が撤廃されたことで、このような心配をすることなく、安心してアプリや動画へのコメントを書き込めるようになったぞ。
ただし、他のユーザーの迷惑になるような書き込みばかり行っていると、利用停止などのペナルティを科される可能性があるので、節度を守って利用しよう。

Google+での発表


001

Google Playストアのアプリレビューにコメントを書き込むと、Google+に登録している氏名やアイコンが表示される。実名の表示を求めたことで、普通の書き込みを躊躇う人がいる一方で、迷惑な書き込みを行う人は偽名で使い続け、百害有って一利無しの状況だったことから、今回の実名制撤廃に至ったようだ。


002

実名制の撤廃は、Google+の公式アカウントで発表された。実名制の撤廃を求める声が多いことは認識していたとして、ユーザーに不便を掛けていたことを詫びている。


003

Google+に登録した氏名を変更するには、ブラウザでパソコン版のGoogle+にアクセスし、左上のユーザーアイコンをクリックすると表示されるアカウントメニューで、「プロフィールを表示」をクリックしよう。


004

プロフィール画面で、アイコンの下の氏名をクリック。


005

「名前を編集」という画面がポップアップし、氏名を変更できるぞ。

関連記事

2014年07月17日19時56分 公開 | カテゴリー: ソーシャル | キーワード:, | Short URL
このエントリーをはてなブックマークに追加

最新記事