楽天トラベル、小豆島を中心とした瀬戸内海全域の周遊観光を促進

楽天株式会社は、小豆島観光協会と連携し、旅行予約サイト「楽天トラベル」で株式会社サイバーエージェントトが提供するスマートフォン向けご当地バトルゲームソーシャルカードゲーム「天下統一クロニクル」とのタイアップ企画をリリースした。本企画は、瀬戸内海国立公園指定80周年の節目として、小豆島への新規観光誘客を目的に、小豆島の13宿泊施設での特別宿泊プランの提供と、瀬戸内海や小豆島の「二十四の瞳映画村」など様々な観光施設の周遊観光促進を行うために楽天トラベルが実施したものだ。


「天下統一クロニクル」に3種類のタイアップキャラクターが登場!

本企画の具体的な中身は、「天下統一クロニクル」のゲーム内で、タイアップ企画限定の3種のキャラクターカードをオンラインとリアルの双方で配布するというもの。オンラインでは、「天下統一クロニクル」ゲームステージ内と、楽天トラベル特設サイト内にて特集限定キャラクターを獲得でき、さらにリアルでは、小豆島を中心とした瀬戸内海全域にて、カード獲得が可能な対象宿泊施設・観光施設でリアルカードを手に入れ、シリアル番号を入力すると、最強キャラへの進化が可能になる。楽天トラベルの夏休みの国内宿泊予約は昨年対比+20.1%、特に10代~30代の若年層の予約が+32.7%、うちモバイル経由の予約は+83.0%と好調となっているため、同社では小豆島を中心とした瀬戸内海全域への若年層の新規顧客開拓と周遊観光促進の実現を目指して今回のタイアップを企画した。同社では、今後も同様の企画を実施していくと述べている。

関連記事

2014年07月16日17時05分 公開 | カテゴリー: エンターテインメント | キーワード: | Short URL
このエントリーをはてなブックマークに追加

最新記事