【特集まとめ】Galaxy Nexus SC-04DにカスタムROMを導入して格安でAndroid 4.4を試す



001

Androidの最新バージョン「4.4 KitKat」では、ホームキーなどが非表示の完全な全画面表示でアプリを操作できる「Immersive」モードや、デバッグ接続経由で画面を動画として保存できる「screenrecord」など、魅力的な機能が多数追加されている。
この夏には各社から続々Android 4.4搭載機種が発売されるが、機種変更して間もないのですぐには新しい端末に手を出せないと言う人も多いだろう。

最新端末を買う予算がないけど早くAndroid 4.4を使ってみたいという場合にオススメなのが、「Galaxy Nexus SC-04D」だ。2011年に発売の端末で、公式のアップデートはAndroid 4.2までしか提供されていないが、有志が作成した「カスタムROM」を導入すればAndroid 4.4を使用できる。
SC-04Dは、一時期機種変更一括0円などの超激安でバラ撒かれていたので持っている人も多いだろうし、「ヤフオク!」などでは1万円以下でも入手できる。
最新機種と比べると非力だが、海外で100ドル少々で売られているような低価格機種には負けていない。CPU負荷の高そうな画面録画機能もちゃんと利用できるぞ。



002

MotorolaからAndroid4.4搭載で発売されている低価格端末「Moto E」は、1.2GHzデュアルコアCPUや540×960ディスプレイなど、各部のスペックはSC-04Dと同等かやや劣るくらいで、価格は129ドル(約1万3千円)。ヤフオクなどで中古美品のSC-04Dを入手した方がお得だ。
Moto E by Motorola - A Google Company

関連記事

2014年06月22日13時37分 公開 | カテゴリー: 便利化・快適化 | キーワード:, | Short URL
このエントリーをはてなブックマークに追加

最新記事